高林綜合法律事務所

東京都港区虎ノ門1-5-8オフィス虎ノ門1ビル5階

高林綜合法律事務所の特徴・強み

お金の事や、人間関係の事など、どのような結論になったら満足感を得られるのか、ご納得いくまでお話し下さい

【初回相談無料】【電話相談可】【夜間・休日相談可】【虎ノ門駅徒歩3分】

■知らずに損をしたり、泣き寝入りをする人をなくしたい■
この世の不合理や不条理には対処方法があって、それを適切に進めていけば、解決できることもたくさんあります。
世の中には、対処法を知らない、対処法を教えてくれる人に出会えないために、損をしたり、泣き寝入りをしている人がいます。
そういう人が少しでも減ること、最後には、そういう人がいなくなることが私の願いです。
多くの人が、不合理や不条理への対処法を簡単に知ることができる世界。
専門家の手助けが必要なときに簡単に専門家を見つけられる世界になることを願っています。

■争わないで解決するという選択■
私は、揉め事があったとき、必ずしも争った方が良いとは思いません。
問題を残したままでも、本人にとっては幸せなこともあるからです。
ご依頼者の人生観、価値観を、自分の尺度だけで図ることをしない、あくまでご相談者のお気持ちを踏み越えない対応を心がけています。

■常に依頼者の希望を追い求めて行きたい■
弁護士事務所に行ったら、すぐに裁判を勧められて、全てが弁護士ペースで運んでしまうのではないかと不安を持っている方は多いのではないでしょうか。
私たちの事務所では、常に依頼者の希望を追い求めて行きたいと思っています。
やりたくて裁判をしている人はいません。
相手が不合理だから、社会が不条理だから、仕方なく戦うことを決意しているにすぎません。
そんな場面での道しるべは依頼者の希望以外にはあり得ません。依頼者の希望の把握は最重要事項だと思っています。

お金の事や、人間関係の事など、どのような結論になったら満足感を得られるのか、ご納得いくまでお話し下さい。

高林良男弁護士にお話をお伺いしました

弁護士を目指した理由はなんですか?

味方がいないことで、不利益を受ける人がないように

中学生の頃は、警察官になろうと思っていました。正義の味方のイメージがあって、格好いいと思っていたからです。
漠然と、理不尽な目にあっている人の味方になるんだという正義感は、もしかしたら小学生のころの経験があるかも知れません。
小学校って、男の子と女の子が机を並べて座るでしょう。それで、よくある話ですが、隣の女の子が私からわざと机を離すんですよね。それで、先生がその女の子に「なんで机を離すの?」と聞くわけです。すると女の子はなぜか、「高林くんが、消しゴムを盗ったから」と言うのです!冤罪ですよ!(笑)

子どもの頃の私はとても引っ込み思案で、何の弁解も出来ずに先生に怒られるがままでした。
それがきっかけかどうかは分かりませんが、いつしか私は「味方になってくれる人、自分の気持ちを伝えてくれる人がいないことで、理不尽な目にあうことがあってはいけない」と考えるようにになったように思います。

そういう原体験なども経て、結局は弁護士になったんでしょうね。それに、検察官や裁判官と違って、弁護士は、人を疑うのではなく、信じていい仕事ですから、そういう点でも良かったんだと思います。

弁護士として心がけていることは何ですか?

ご依頼者のご要望を実現する方法を徹底的に考える

弁護士として目指すべきことは、ご依頼者のお気持ちを受け止め、本当に希望されていることが何なのかをきちんと理解し、その希望を実現できることに他なりません。

しかしながら、誰でもそうだと思いますが、弁護士もキャリアを重ねるほど、自分の経験した解決スキームに安易に当てはめてしまいがちになります。ご依頼者の希望に対して「できない」と頭から判断してしまったり、ご依頼者のやりたい方向とは少し違う方向に物事を進めてしまったりするのです。
ですから、私は日頃からこういうことにならないよう肝に命じつつ業務に取り組むようにしています。
本当にできないのか、いちいち考えることを徹底します。
その上で、ご依頼者には、成功する確率も含めて説明をして、ご依頼者が何をしたくてしたくないかを見定めていただくようにします。
そうして初めて、戦略を立てることが出来るようになります。
これは、決して簡単な作業ではありませんが、とても大切なことです。
また、どうしても法律的に出来ない、ということは、出来ない理由をきちんと理解してもらって前に進むようにしています。

弁護士は、ご依頼者の希望を、法律を使って形にしていくことが仕事です。
ご依頼者にご満足いただける結果をどこまで出せるのか、私にとってはこれが仕事の面白味であり、やりがいです。

高林綜合法律事務所の取扱分野

注力分野
  • 相続
取扱分野
  • 相続

高林綜合法律事務所の所属弁護士

弁護士ドットコム登録弁護士数1

事務所概要

高林綜合法律事務所
高林 良男(東京弁護士会)
所在地
〒 105-0001
東京都港区虎ノ門1-5-8オフィス虎ノ門1ビル5階
地下鉄銀座線「虎ノ門」駅歩3分
受付時間

9:30-17:30
※平日の時間外及び定休日においても、ご要望により、適宜、事務所にてご相談、ご依頼を承ります。

  • 平日可
2人
2人
http://iryuubun.com/

相続

【豊富な知識と経験】【人間的な調整力】相続トラブルを早期に円満解決する秘訣です
  • 初回相談無料
  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり

【初回相談無料】【電話相談可】【夜間・休日相談可】【虎ノ門駅徒歩3分】

■弁護士歴18年。現在取扱案件の8割が相続という『相続弁護士』

■「豊富な知識と経験」+「人間的な調整力」で多くの事案を解決した経験と実績

■「遺留分.com」の運営者

■ご依頼者の希望を叶えるために、徹底的に考え抜きます

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
理不尽な事を主張する相手を正したい、という想いがあっても、どうしたらいいかわからず諦めてしまったり、
正当に相続できる遺産があるのにやり方がわからなくて損をしてしまったりする方がたくさんいらっしゃいます。

本当は法律で解決できるのに、助けてくれる人がいなくて不本意な想いをしている方を少しでも減らしたい。
私は、弁護士としていつもそう思っています。

当事務所では、ご相談だけでも受け付けております。
ご希望に合わせた解決方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談下さい。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

高林良男弁護士にお話をお伺いしました

相続案件に注力している理由を教えてください

取扱事件の8割が相続案件

10年ぐらい前に、自分で「遺留分.com」というサイトを作ってみたんですね。
当時はまだあまりインターネットで法律や弁護士の情報がなく、こういう生活に関わる法律情報がもっと身近になればという思いがあったからです。
サイトを立ち上げてからは、それまで以上にご依頼をいただくようになり、自然に相続分野の案件が増えていきました。今では、私の取扱う案件の8割が相続案件です。
調停のために家庭裁判所に行くこともしょっちゅうで、知らない調停委員はいないぐらいです。

弁護士の仕事は、ご依頼者の気持ちを受け止めて、法律を使ってそれを形にしていくことです。
相続は、当事者のお気持ちの問題も大きいので、お気持ちに寄り添い、問題が解決すると、ご依頼者にとても喜んでいただけますし、弁護士としてとてもやりがいがあります。

高林綜合法律事務所の強み、他の事務所との違いはどんなところでしょうか?

相続問題は、弁護士の経験で解決の質が変わり得る

相続は、ある意味身近な問題で、弁護士なら誰でも出来そうなイメージもあるかも知れません。
おそらく、できなくはないと思いますが、そのサービスのクオリティは、相続に精通した弁護士かどうかで差がでる分野だと思います。
というのも、そもそも、従来の司法試験には相続法の出題がなく勉強する必要がなかったこと、また、相続問題は話合いで終結することが多いので、判例が出にくい分野なのですが、その分、家庭裁判所の裁量が事実上大きな要素を占めています。
そうすると、僅かな先例や判例が何と言っているのか、家庭裁判所が実務においてどういう運用をしているのかなど、細かいところを知らないことで、本来得られる利益が得られないということがあり得るのです。
知らないまま終わることで、依頼者が損をしている可能性もある、ということです。 私自身、扱ってきた相続問題は相当数にのぼり、もはや「相続弁護士」とも言えるかと思いますので、その点、安心してご依頼いただければと思います。

早期に円満な解決を図るには、人間的な調整力が必要

相続の調停では、調停委員を介して話合いが進むことになります。こちらの要望も相手の要望も、調停委員を通じて伝えられ、調停委員は両者の言い分を聞いて和解案を提案することになります。
そうすると、調停委員に、こちらの要望をどのように相手に伝えてもらうか、調停委員に上手く伝える技術が必要になります。また、調停委員にこちらの要望や対応が適切なものであると思ってもらえるようにするこも重要です。
そういったことが出来るかどうかで、スムーズに事が進むかどうかが左右されるのです。

このような考え方は、調停に限らず、裁判でも基本的には同様です。
弁護士は、ご依頼者の希望と、それを処理する裁判所との間の最良のインターフェースでなくてはなりません。
弁護士は、ご依頼者の要求を法律的に適切な形にして、裁判所がそれを受け入れられるように落としこむことが最低限の仕事です。
しかし、その落とし込み方は弁護士の意欲や経験により変わってくるでしょう。
ジャッジする人を味方につけられると、良い結果を生むケースが多いのです。
このスキルは、机の上では教えてもらえないでしょうね。私自身、経験を積む中で、習得してきたことだと実感しています。

既成概念にとらわれない。出来るかどうかは徹底して考える

私がご相談者と接する上で気をつけているのは「ご相談者のお気持ちやお考えを踏み越えて行きたくない」ということです。
キャリアが長くなればなるほど、弁護士も自分の経験ある解決スキームに画一的にはめ込んでしまいがちになります。ご相談者のご要望に対して、できる、できないを即座に判断してしまうのです。
私は、出来る限りこういうことがないように心がけています。本当に「出来ない」ことなのか、その都度徹底的に考えることはもちろん、「出来ない」ことであっても、その理由をちゃんとご理解いただいてから前へ進みたいと考えています。

高林綜合法律事務所から、ご相談者へのメッセージ

とにかく気軽にご相談にお越しいただきたいです。「こんな事言ってもいいのかな?」と恐怖感を持っていらっしゃるご相談者はまだ多いかと思いますが、そんな風に思う必要は全くありません。
ご相談者のご要望を、法律というピースを組み合わせて、手に届くところまで持ってこれるかが弁護士としての勝負どころです。
良い弁護士に巡り会えなかったせいで、出来たはずのことが出来なかった、という残念なことは世の中から無くしたいといつも思っています。まずは、ご相談ください。


■弁護士ドットコムスタッフ訪問後記■
高林先生は、弁護士として経験豊富であることはもちろん、人間的にもとても気さくで楽しい先生です。初めての方でも、安心して相談できると思います。

相続の料金表

項目 費用・内容説明

相続の料金表

項目 費用・内容説明

事務所情報

高林綜合法律事務所
高林 良男(東京弁護士会)
所在地
〒 105-0001
東京都港区虎ノ門1-5-8オフィス虎ノ門1ビル5階
地下鉄銀座線「虎ノ門」駅歩3分
受付時間

9:30-17:30
※平日の時間外及び定休日においても、ご要望により、適宜、事務所にてご相談、ご依頼を承ります。

  • 平日可
2人
2人
http://iryuubun.com/

高林綜合法律事務所の取扱分野

注力分野
  • 相続
取扱分野
  • 相続

電話で問い合わせ
050-5348-5591

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間

9:30-17:30
※平日の時間外及び定休日においても、ご要望により、適宜、事務所にてご相談、ご依頼を承ります。

  • 平日可
高林綜合法律事務所へ問い合わせ
電話番号

050-5348-5591

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ

受付時間

9:30-17:30
※平日の時間外及び定休日においても、ご要望により、適宜、事務所にてご相談、ご依頼を承ります。

  • 平日可