弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

服部啓法律事務所

東京都港区西新橋2-18-1弁護士ビル2号館701

服部啓法律事務所の特徴・強み

少しでも早い相談が、より良い解決につながります。 まずはお気軽にご相談ください。

●問題に今すぐ立ち向かいます
どんな問題であっても、時間の経過で事態が良くなることはほとんどありません。
当事務所は事件処理や連絡にITを駆使しており、迅速に対応をすることが可能です。
一秒でも早く、ご依頼された問題を解決することに全力を注ぎます。

●合理的な報酬を提案します
個人の依頼者の方にとって、一番の心配は費用です。
当事務所では、費用について事前によく説明することはもちろん、従来の着手金+成功報酬+実費という組み合わせのみならず、着手金を抑えた期日ごとの従量制報酬や、月額定期報酬(あるいは顧問契約)など、法的リスクを解決するのみならず、費用リスクも解決します。

●充実のワンストップサービス
所外の弁護士や、大手会計事務所、経営コンサルタント企業とも協力し、質・量共に充実したサービスを提供致します。
特に企業においては、法務と税務は、リスクでもあり可能性でもあります。
これらにワンストップサービスを提供することで、事業のリスクを最小に、可能性を最大に引き出します。

●各分野に特化します
当事務所は、刑事弁護、IT法務、消費者被害、企業法務に力を入れています。
経験と実績と熱意をもって、更に必要に応じて所外の弁護士の協力も得て、すべての問題を強力にサポートします。

服部啓法律事務所に行って、お話を伺ってきました。

弁護士ドットコムスタッフが、服部啓法律事務所を訪問しました。

これまでの常識にとらわれず、お客様のニーズにいち早く応える

服部啓法律事務所は、都心でありながら閑静な千駄ヶ谷に位置し、ビジネス街のオフィスビルに事務所を構える従来の法律事務所とは一線を画しています。

例えば、早くから【刑事弁護】や【IT法務】に注力した取組みをはじめ
・IT技術を駆使したスピード対応
・お客様のニーズに合致した合理的な費用
・大手会計事務所との協力によるワンストップサービス
を実現し、お客様のニーズにいち早く応えられる体制を作ってきたとのことです。

特に刑事弁護については、24時間対応であり、弁護士費用もリーズナブルで分かりやすい費用体系にされています。
これは、高額な弁護士費用をいただく代わりに、ご自身や関係者(被害者への示談金など)のためにお金を使っていただきたいという思いがあるからとのこと。
お客様が最善の結果を得るために、費用も利用しやすい価格を設定しているとのことでした。

IT法務に強いと、カバーできる領域はきわめて広い

IT法務に強い、深澤諭史弁護士です。マスコミ出演や著書・講演の実績も多数おありです。
IT法務とは、ITに関わる法務一般を指すとのことですが、システム開発に関するトラブル、ネット取引のトラブル、違法な書き込みをした/された等表現の問題に関わるトラブルなど、個人・法人問わず、ご相談が絶えないとのことです。

また、ITの関係する取引・法律問題は、ほとんどの場合には専用の法律が存在せず、既存の法律が適用されますが、その際、IT分野の概念・用語・習慣を法律上のものへと「翻訳」する必要があるとのこと。

服部啓法律事務所では、深澤弁護士のような、インターネットやプログラミングなどの専門知識を有する弁護士がいることで、刑事弁護や企業法務など、幅広く対応が可能だとのことです。

今後、IT分野の需要はますます高まるものと思われ、服部啓法律事務所の強みがより一層活かされていきそうです。

代表の服部 啓一郎弁護士にお話をお伺いしました。

お客様に都合の良い情報だけでなく、考えられるリスクも正確に伝え、お客様の決断を最大限サポートします。

例えば、自分のやってしまったことが刑事事件に該当するものなのか、他の事務所に相談したときに、「特に何も起きないから、心配しなくて大丈夫」と言われて安心していたら、警察から出頭命令が来た、どうすればよいか、といったご相談が最近増えています。
服部啓法律事務所では、まずこのようなことはありません。当事務所では、これまで取り扱ってきた豊富な実績もとづく経験値をもとに、リスクも必ず説明しているからです。

人間は、だれしも、自分の都合のよい情報だけを取り入れたいものです。しかし、弁護士が甘い見通しでアドバイスすることで、その方の人生が狂ってしまう恐れもあり得ます。ですから、正確な情報を提供し、リスクも含めた色々な可能性、パターンを考えてお客様には説明します。分からないことは分からないと正直に言います。
そして、その上で、お客様に最終的な決断をしていただき、その決断を最大限サポートします。
「とりあえず、任せておけ」で進める弁護士もいるかも知れませんが、私はそうではありまん。緻密な弁護活動をするために、考えられる見通し、リスクも含めてお客様と共有し、お互いの信頼関係を築くことで、最善の結果が得られると考えています。

法律の解釈や、わずかな対応の差で結果が変わり得る。だから、丁寧な弁護活動を怠らない。

古い話ですが、私は大学で法律討論会というサークルに所属していました。
法律の文言や制度趣旨を解釈し、綿密に理論を組み立て、自分の主張を訴え議論するのですが、法律の解釈によってはまったく異なる結果が導かれる場合があります。そういった法律の面白さにとりつかれ、その延長で弁護士になったとも言えます。

法を解釈し、証拠を集め、理解し、組立てる、といった知的作業はやはり弁護士冥利につきるものです。有罪・無罪を争うようなケースでは、特に弁護士魂が騒ぎます。
お客様のために、丁寧な弁護活動を可能な限り迅速に行うことで、拘留を免れたり身柄釈放がされるなど、目に見える成果が出ます。そして、お客様にとても喜んでいただける。
これが私にとってやりがいです。

この数年の間に、最新の情報や動向など、実務のかなり細かいところまで分かるようになってきて、サービスのクオリティにもさらに磨きがかかってきたと思います。
このような知見をもっとお客様に還元し、社会に存在する法的ニーズにもっと応えていけるよう、我々のサービス体制もさらに拡充しているところです。
 
勇気をもって、当事務所に相談にお越しいただいた方には、一刻も早く問題が解決するように誠心誠意対応させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。


訪問後記 : 服部啓法律事務所が依頼者の事を第一に考え、とても誠実な事務所だということが伝わってきました。

服部啓法律事務所の取扱分野

注力分野
  • 債権回収
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 国際・外国人問題
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

所属弁護士

弁護士ドットコム登録弁護士数2

事務所概要

服部啓法律事務所
服部 啓一郎(東京弁護士会)
所在地
〒 105-0003
東京都港区西新橋2-18-1弁護士ビル2号館701
・虎ノ門駅徒歩7分
・新橋駅徒歩9分
交通アクセス
  • 駐車場近く
受付時間

9:00~21:00

  • 平日可
  • 土日可
  • 祝祭日可
  • 24時間対応
3人
1人
http://hklaw.jp/

犯罪・刑事事件

【21時まで対応】被疑者・被告人弁護、逮捕・勾留抑止、被害者の方との示談交渉はお任せください。犯罪弁護に強い弁護士が解決へ導きます。今すぐお電話を
  • 初回相談無料
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

(1)【ネットトラブルの解決を専門としています】
(2)【夜間・休日も対応,早期釈放を実現】
(3)【様々なご職業の方・様々な事件を解決してきました】

【ネットトラブルの解決を専門としています】
当事務所は、刑事事件と共に、ネットトラブルの解決を専門分野としており,これまで書籍の刊行,新聞・テレビへの取材協力も行ってきました。
ネットの書き込みによる中傷/SNSを利用した児童買春・児童ポルノ・わいせつ画像/著作権侵害(違法ダウンロードなど),といった事件のご相談が日々寄せられています。
当事務所は,IT・ネット関連の刑事事件について,幅広い対応実績がある法律事務所です。

【夜間・休日も早期釈放を実現】
ご本人が逮捕されている事件では,夜間や休日に,弁護士が警察署や裁判所で対応する必要があります。当事務所では、ITを活用し、業務時間外や休日でもお客様と連絡を取れるよう態勢を整えております。当事務所の弁護士はいずれも若く,フットワークが軽いことも強みです。これまでも多くの事件で,夜間や休日に事件対応を行い,依頼者の方の早期釈放を実現してきました。

【様々なご職業の方・様々な事件を解決してきました】
当事務所は,開設以来,さまざまなご職業の方からご依頼をいただきました。公務員,医師,政治関係,メディア関係,企業経営,上場企業勤務,大学生,外国籍,,,ご依頼者のご職業,お立場によって,注意すべきポイントも異なります。当事務所は,ご職業やお立場をも踏まえた対応をご提案します。
また,当事務所は,これまで,様々な事件に対応してきました。名誉毀損や振り込め詐欺事件では,新聞への取材協力も行っております。経験の乏しい弁護士が事件を担当することはありません。 以下は,対応経験のある事件の一例です。ぜひご相談ください。
暴行・傷害/痴漢・盗撮・強制わいせつ・準強姦/危険ドラッグ・覚せい剤・大麻/振り込め詐欺・オレオレ詐欺/過失運転致死傷・危険運転致傷・ひき逃げ/業務上横領・特別背任/器物損壊・住居侵入・万引き/商標法違反/公務執行妨害/控訴・上告事件/裁判員裁判対象事件

服部啓法律事務所に行って、お話を伺ってきました。

刑事弁護に注力している理由を教えてください。

今すぐ、あなたの力になりたい。そう思うからです。

■”少しでも不安を無くしたい”という想いと使命
逮捕された方や、犯罪の疑いをかけられた方は、今後自分がどうなるのか、不安に感じ、おびえているケースが多くあります。
家族は大丈夫か、前科が付くのか、刑務所に入るのか等、今後に対して大きな不安を抱えるていらっしゃいます。無実の罪を問われている方はもちろん,たとえ罪を犯したことは間違いない、という方であっても,弁護の余地がないと思ったことはありません。すぐに力になってあげたい,と思うのです。
逮捕中(最長72時間)に面会できるのは弁護士のみであり、家族の安否を伝えたり、寄り添ってサポートすることは弁護士にしかできません。
当事者やご家族、関係者の不安を解消し、安心していただくことが弁護士の使命と考えています。

■スピーディに解決し、元の生活に戻っていただく
特に刑事弁護では深刻かつ緊急性が高く、「明日までに何とかしないと会社をクビになる」「ニュースで報道されてしまう」など、さまざまなリスクがあります。
今後の生活に影響が出ないよう、スピーディに解決し対応しなくてはなりません。
職場やご家族への影響が最小限に抑えられるように素早く動き、いち早く元の生活に戻っていただくことを最優先にしております。

■逮捕されていない、起訴されていないから大丈夫、という大きな誤解
まだ、逮捕や起訴(訴訟を起こされること)されていないから、といって穏便に済むとは限りません。問題を放置すると大変な結果を招くこともあります。
早く被害弁償をしていれば不起訴(処罰を受けずに済むこと)にできたのに、というケースもあります。
不起訴・起訴猶予を目指して早期に弁護活動を始めることが重要です。

服部啓法律事務所の強み、他の事務所との違いはどんなところでしょうか?

一貫して刑事・犯罪弁護に取り組む。IT関連の犯罪やレアケースでも対応可。

■一貫して刑事弁護に取り組んできました
事務所を開設してから一貫して刑事、犯罪の弁護に取り組んでおりますので、一般的な事件であればほとんどのケースを経験しています。
痴漢/盗撮/傷害/詐欺/薬物/交通事故(加害者)/横領/窃盗/著作権侵害/児童ポルノ/少年事件など様々なケースでの対応が可能です。

■従来の法律事務所では対応できないSNS、IT、PC絡みの事案にも精通
当事務所はSNS、IT、ネットトラブルの解決を得意としております。IT関係の事案は、スピードが要求されることがある一方で、経験がないと対応できません。
例えば、発信者情報の開示請求は、弁護士であっても経験がないと対応できませんが、ネット社会ではスピーディに対応しないと被害が拡大してしまいます。
刑事事件になっていなくても,誹謗中傷を書き込まれ、相手を訴えたい、逆に不用意な書き込みをしてしまった場合でも対応可能です。

■自首/出頭のサポートでも豊富な経験
自首や出頭は特殊な対応が求められます。
自首をしたのに警察が事件として扱わないことがあります。「逮捕されなくてよかった」と考えてしまいがちですが、後日、別の捜査機関に逮捕されてしまうケースもあります。
自首や出頭の場合はご本人も反省しているケースがほとんどですので、結果として逮捕を回避できることがほとんどですが,万一のケースに備えて捜査の記録は残してもらう必要があり、警察との調整も必要になってきます。
そのほか、一審での判決が不条理なもので、反省しているのに重い処罰が下った場合など、通常の弁護活動とは異なるスキルが求められる事案にも幅広く対応しております。

印象的な事件について教えて下さい。

緊急、かつ切実な想いを抱える方の気持ちを汲み取る

多くの事案を手掛けてきたので、絞るのは難しいのですが、相談者が「強い想い」を抱えていた案件は忘れられません。

ひとつは,重罪に問われて逮捕された方の,ご尊父の最期を看取るために,一時釈放を実現した事案です。
依頼者のお父様が危篤になってしまい、最期を看取ることができるように裁判所や病院に掛け合い会えるように調整したことをよく覚えています。
逮捕はされてしまったものの、ご依頼者の強い想いを感じ、その想いを実現できるよう、資料集めや申し立てに奔走しました。最終的には,葬儀への参列も認めてもらうことができました。

もうひとつ、時効の約10日前に逮捕された方の事案です。
時効直前に逮捕となった案件では、警察からするとせっかく逮捕にこぎつけたので、何としてでも拘束し,処罰しようとする傾向にあります。
残念ながら、このような事案は勾留(判決が確定するまでの間、逃亡や証拠隠滅を防ぐように身柄を拘束すること)されることが多いのですが、ご本人の反省や,事案を精査していくにつれ、勾留されるようなものではないと考えました。
過ちを犯したのは事実ですが、依頼者の方にもご家族や生活があり、勾留されると職を失う可能性が高まります。結果的には,ご本人が職を失うことなく更生し、ご家族も安心できるような形で落ち着かせることができました。
資料集めや検察側の申立てに対する準備を徹底的に行ったことで、裁判官の理解も得られ,勾留請求を却下してもらいました。検察官は,準抗告(裁判所の判断に取り消しを求めること)を申し立ててきましたが,無事退け,ご本人を釈放してもらうことが出来ました。

どちらの事案も「緊急性」と「切実な想い」がありました。
前者の事例では、捜査機関の目も厳しい中、ご尊父の最期と葬儀の2回に立ち会わせることができ、本人の想いを最大限尊重できた、という点で思い出深いですし、後者の事例は当時、時効間際の案件はとにかく勾留する、という考えが強かったのですが、これに打ち勝って釈放を実現出来ました。その後,最高裁でも、「時効間際だからとといって安易に勾留すべきではない」という趣旨の判断が示され,最高裁の判例に先行する形で良い結果が残せたと思います。
これらの事案に限らず、家族や自身の生活などに対する「切実な想い」を無視して弁護を進めてはいけないと考えています。
刑事・犯罪弁護では迅速な対応は当然ですが、当事者の想いや不安の除去も大切にするよう心がけております。

取り扱いの多い事件を教えて下さい。

刑事弁護を中心に扱うため幅広い事件を担当。レアケースやIT系など対応できる弁護士が限られるものも。

弁護士になってから一貫して刑事事件を中心としておりますので、刑事事件に分類されるものは万遍なくやっていると思います。
その中でもSNS、IT系の犯罪は対応可能な弁護士もまだ多くないためか、ご依頼が多いかと思います。
控訴審や自首などの他の弁護士があまり経験しない事案でも経験がありますので、他の弁護士に断られたとしてもあきらめずに一度相談していただきたいです。
もちろん、痴漢、強姦、児童ポルノ、盗撮などの性犯罪系、傷害や暴行などの傷害罪や器物損害罪、薬物、少年事件、詐欺や横領、窃盗、著作権侵害など本当に幅広くやっていますので、お役に立てることはあるはずです。

犯罪・刑事事件の料金表

項目 費用・内容説明
初回相談料 電話相談料、面談相談料いずれも無料。
緊急面談日当(警察署・拘置所での面会) 1回あたり2万5000円(税込) ※交通費込み
着手金 ・逮捕されている事件:10万8000円
・逮捕されていない事件:21万6000円
・示談交渉:0円
・保釈請求:0円
・ご依頼いただいた後に、起訴された場合の追加料金:0円
接見日当(警察署・拘置所での面会):1回あたり2万5000円(税込) ※交通費込み
成功報酬 【裁判になっていない事件】
・不起訴:21万6000円
・略式裁判(罰金)となった場合:0円
・示談成功:0円

【裁判になっている事件】
・執行猶予:21万6000円
・減刑した場合:0円
・示談成功:0円
・保釈成功:10万8000円
・無罪:ご相談の上決定
備考 ※全て税込価格です。
※事案により依頼者様と協議の上で増減する事があります。
※交通費は原則としていただきません。
※事件記録のコピー料金なども原則としていただきません。
※通訳が必要な場合、通訳料は依頼者様にご負担お願いしております。
弁護士費用のお支払い方法 ・一括払いをお願いしております。
・ただし、依頼者様に切実な事情がある場合は、ご事情をよくお伺いした上で、成功報酬等の分割払いに応じることがございます。まずはご相談ください。
弁護士費用についての考え方 ・当事務所は弁護士費用の設定について、出来るだけリーズナブルに、そして見通しがつくよう心掛けています。比較的安価な設定を心掛けているのは、弁護士費用だけでなく、ご自身や被害者のためにお金を使って頂きたいからです。
・どの依頼者様にとっても「簡単な事件」はありませんので、一部の弁護士のように「簡単な事件」と「通常の事件」という区別は設けておりません。
・当事務所は、弁護活動内容に応じて、一括で費用を設定しております。細かすぎる報酬設定は、一見リーズナブルに見えても、かえって高くつくことがあります。弁護士費用の「見える化」が当事務所のモットーです。

犯罪・刑事事件の料金表

項目 費用・内容説明
初回相談料 電話相談料、面談相談料いずれも無料。
緊急面談日当(警察署・拘置所での面会) 1回あたり2万5000円(税込) ※交通費込み
着手金 ・逮捕されている事件:10万8000円
・逮捕されていない事件:21万6000円
・示談交渉:0円
・保釈請求:0円
・ご依頼いただいた後に、起訴された場合の追加料金:0円
接見日当(警察署・拘置所での面会):1回あたり2万5000円(税込) ※交通費込み
成功報酬 【裁判になっていない事件】
・不起訴:21万6000円
・略式裁判(罰金)となった場合:0円
・示談成功:0円

【裁判になっている事件】
・執行猶予:21万6000円
・減刑した場合:0円
・示談成功:0円
・保釈成功:10万8000円
・無罪:ご相談の上決定
備考 ※全て税込価格です。
※事案により依頼者様と協議の上で増減する事があります。
※交通費は原則としていただきません。
※事件記録のコピー料金なども原則としていただきません。
※通訳が必要な場合、通訳料は依頼者様にご負担お願いしております。
弁護士費用のお支払い方法 ・一括払いをお願いしております。
・ただし、依頼者様に切実な事情がある場合は、ご事情をよくお伺いした上で、成功報酬等の分割払いに応じることがございます。まずはご相談ください。
弁護士費用についての考え方 ・当事務所は弁護士費用の設定について、出来るだけリーズナブルに、そして見通しがつくよう心掛けています。比較的安価な設定を心掛けているのは、弁護士費用だけでなく、ご自身や被害者のためにお金を使って頂きたいからです。
・どの依頼者様にとっても「簡単な事件」はありませんので、一部の弁護士のように「簡単な事件」と「通常の事件」という区別は設けておりません。
・当事務所は、弁護活動内容に応じて、一括で費用を設定しております。細かすぎる報酬設定は、一見リーズナブルに見えても、かえって高くつくことがあります。弁護士費用の「見える化」が当事務所のモットーです。

事務所情報

服部啓法律事務所
服部 啓一郎(東京弁護士会)
所在地
〒 105-0003
東京都港区西新橋2-18-1弁護士ビル2号館701
・虎ノ門駅徒歩7分
・新橋駅徒歩9分
交通アクセス
  • 駐車場近く
受付時間

9:00~21:00

  • 平日可
  • 土日可
  • 祝祭日可
  • 24時間対応
3人
1人
http://hklaw.jp/

服部啓法律事務所の取扱分野

注力分野
  • 債権回収
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 国際・外国人問題
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5827-4984

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間

9:00~21:00

  • 平日可
  • 土日可
  • 祝祭日可
  • 24時間対応
服部啓法律事務所へ問い合わせ
電話番号

050-5827-4984

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ

受付時間

9:00~21:00

  • 平日可
  • 土日可
  • 祝祭日可
  • 24時間対応

事務所の対応体制

  • 駐車場近く
服部啓法律事務所