谷四いちむら法律事務所

大阪府 大阪市 中央区内本町1-2-15 谷四スクエアビル6階

みんなの法律相談回答一覧

弁護士で絞り込む

藤田 大輔弁護士のみんなの法律相談回答一覧

証拠集めに彼の部屋などを写真を撮ることは違法ですか? 2019年07月05日

元交際相手へ訴訟を考え出してから、彼の家に行った際、彼が寝ている間に証拠写真などを撮ることは違法になるのですか? 暴力を受けた際に、壁に穴が開いたものや、机の上にあった書類などを写真に撮りました。

 民事訴訟を提起することを前提として証拠を保全する目的で相手方の所有物などを写真撮影することは原則として違法とはならないと考えられます(民事訴訟のための証拠収集といえど証拠の収集目的や手段が社会常識を著しく逸脱するような場合は例外的に違法となる場合があります)。  ご質問で例に挙げられている壁の穴などは暴力行為があったことの重要な証拠となり得るので写真撮影...

藤田 大輔弁護士

市村 和也弁護士のみんなの法律相談回答一覧

請求ミスによる駐車場代未払いについて 2017年05月17日

駐車場代について 管理会社の請求ミスにより入居時より過去3年分の駐車場代が未払いとなっていました。 マンション入居時に振込先を記入した用紙などは提出しており、毎月引き落とされているものと思っておりました。 この場合、今までの全額約80万円は全額支払わなければならないのでしょうか? 何か減額措...

月払いの駐車場代の場合、消滅時効の期間は5年となります。 従いまして、法律上の反論は難しく、訴訟では全額の請求が認められる可能性が高いです。 しかし、相手方にも落ち度があるようですので、話合いにより減額又は分割払いとすることで解決することが考えられますし、話合いによる解決が望ましいと思います。

市村 和也弁護士
離婚調停申し立ての際、陳述書は必要ですか? 2017年05月12日

離婚調停を申し立てる際、裁判所から指定されている付属書類以外に、離婚を決意した経緯や自分の主張など陳述書という形で自分で作成したものを提出してよいのですか? または、そういったものを作成して提出した方がいいのでしょうか?

離婚調停の申立てに際して陳述書は必要不可欠なものではありません。 もちろん提出してはならないということもありません。 調停の際には、調停委員から経緯やご自身の主張を聞かれることになりますので、そこで説明することができれば、陳述書は不要です。 しかし、あらかじめ調停委員に事情を知っておいてもらいたいということがあれば、陳述書を申立ての際に提出することも考えられ...

市村 和也弁護士
内容証明とはなんですか? 2015年08月15日

内容証明郵便というのは 郵便受け取り側が受け取った事を 証明ができる 郵便ということでしょうか? それ以外に何か意味はあるのですか?

内容証明郵便自体は、相手方に送る文書と同内容の文書を郵便局において保管するものです。 従いまして、事後的に相手方に送った文書内容自体も争いが生じないという点で意味があります。 内容証明郵便は、配達証明郵便で送りますので、その点で相手方が受け取ったことを証明することが出来ます。

市村 和也弁護士

谷澤 悠介弁護士のみんなの法律相談回答一覧

親へ返済しなければならないか? 2019年11月19日

今、離婚の話し合いを主人としています。 その事を私の両親に伝えたところ、「今まで援助してきた金を全て返せ」と言われました。 総額に関しては、今は全く分かりません。 1、結婚してから、生活費の援助として受け取ってきたお金は、返済しなければならないか? 2、もし拒否したら、訴えられてしまうのか?

援助である以上、受け取ったお金を返す必要はありません。 そのため、ご両親にはそのようにきちんとお伝えいただくのが良いかと思います。

谷澤 悠介弁護士
家主の再三に渡る約束反故に対しての対応策について 2019年09月03日

現在賃貸店舗にて商売をしています。 約1年前より雨漏り被害に悩んでおり、家主に何度も修繕をお願いしてはいますが、その都度その場の空返事のような対応で先延ばしされてきました。 被害後一貫して修繕意思がある主旨の返事をされてきましたが、この春先に一度建物の老朽化を理由に修繕ではなく建物の取り壊...

賃貸借契約書中に修繕費用は賃借人が負担する等の記載がないのであれば、賃貸人の主張は理由のないものと言わざるを得ません。 お伺いした状況を踏まえると、修繕不十分な点についての修繕請求や修繕の不備に伴う損害賠償請求について訴訟手続等の法的措置も視野に入れて動いた方が良いかと思います。 賃貸人の主張が二転三転して任意での話合いで解決を図ることが難しいというご状...

谷澤 悠介弁護士
家主の再三に渡る約束反故に対しての対応策について 2019年09月03日

現在賃貸店舗にて商売をしています。 約1年前より雨漏り被害に悩んでおり、家主に何度も修繕をお願いしてはいますが、その都度その場の空返事のような対応で先延ばしされてきました。 被害後一貫して修繕意思がある主旨の返事をされてきましたが、この春先に一度建物の老朽化を理由に修繕ではなく建物の取り壊...

まずは建物の修繕を求める旨を内容証明郵便で通知するところから始めるべきだと思います。 おっしゃるとおり、賃貸人が態度を二転三転させる状況に付き合っていると、将来的にも、賃貸人へ修繕請求をしたのに応じてくれなかったこと(賃貸人の債務不履行に当たります)も水掛け論に持ち込まれ、結局、修繕費等の負担を求めることが難しくなるおそれがあるためです。 賃貸人が修繕請...

谷澤 悠介弁護士

谷四いちむら法律事務所へ問い合わせ

電話番号

050-5285-2454

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ

受付時間

平日10~20時/土曜10〜20時/祝日(要事前予約)10〜20時

  • 平日可
  • 土日可
  • 祝祭日可

事務所の対応体制

  • 駐車場近く
  • 完全個室で相談