弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士法人川原総合法律事務所

大阪府大阪市北区西天満2-10-2幸田ビル8階

弁護士法人川原総合法律事務所の特徴・強み

熱いハート 行動力 粘り強さ バランス感覚    1981年創設、35年以上の実績と経験をフルに活用

■血の通った人間味あふれる事件処理を目指します

■常に新しい価値観と知識を活用し、最大限の努力をします

■弁護士、事務局スタッフが一丸となり事務処理にあたります

■最新のIT技術を駆使し、あらゆる救済手段を探求します

【相談無料】【夜間・土日祝日も対応】 まずはお気軽にお問合せください!

過去の実績
・明石大橋遊歩道設置工事請負代金請求事件
・医療過誤(骨折牽引過誤)訴訟勝訴事件
 判例時報[1100号117頁]参照
 判例タイムズ[519号218頁]参照
・交通事故に基づく脳機能障害損害賠償請求勝訴事件
・薬害C型肝炎訴訟原告患者代理人弁護士
 国との実質勝訴和解9件(実績)
・学校事故により重度の障害を負った児童につき自治体との和解が成立した事例
ほか多数

弁護士ドットコム事務所訪問記

弁護士ドットコムスタッフが、弁護士法人川原総合法律事務所を訪問しました。

利便性の良い、分かりやすい立地

大阪市北区西天満にある、弁護士法人川原総合法律事務所です。
茶色いレンガ張りのビルが目印です。
建物は御堂筋沿いに位置し、お隣はアメリカ領事館。
非常に分かりやすい場所にあります。

気軽に相談に来て欲しいから、「オープン」な雰囲気で迎えたい

川原総合法律事務所は、本当の意味で、お客様が「気軽に相談ができる」「敷居の低い法律事務所」を実現したいとの思いから、事務所はとても「オープン」な雰囲気になっています。
淡いピンクと黄緑の室内空間は、相談者の心をなごませてくれます。
入口はガラス張りのドア、このドアの外からも、弁護士の先生とスタッフの皆さんが業務をされている姿が目に入ってきます。
事務所に入ってすぐに、ある弁護士の先生と目が合い、ニコッと微笑んでくださいました。
確かに、これなら初めて来た相談者の方もあまり緊張する必要はなさそうです!

柔軟な相談体制、キッズスペースの設置も

川原総合法律事務所では、交通事故や離婚、相続などの一般民事・家事事件はもちろん、事務所設立30年の実績から、多くの地元企業の法的支援もされています。

法律相談は、平日だけでなく、夜間や土日祝日にも対応。
また、LINEでの無料相談もされており、一般的な内容であればLINEで気軽に相談できるとのこと。

キッズスペースも設置されており、小さなお子様連れでも安心して法律相談に来ることができるようになっていました。

代表の川原俊明弁護士にお話をお伺いしました

法の解釈にも、紛争の解決策にも、そこには人間味がなくてはならない

弁護士になって35年以上経ちます。たくさんの依頼者様に出会い、数えきれぬ程の案件をこなしてきました。
年月が流れれば価値観も変化するとは思いますが、残念ながら、最近は、裁判所の判決もそうですし、若手が昔より人に対して少しよそよそしくて、「気持ちが入っていないなぁ」などと思うことがあります。

法律家は、社会に存在する紛争を扱っています。
法律のプロだから、きっちりと記録を読み解き、証拠を調べあげ、綿密な主張を組み立てる、こういった作業は当然に行わなければなければならないし、依頼者のために勝たないといけない、ということはあります。
しかし、こういった法律のプロとしての作業に加え、紛争解決のために、人として熟慮すべきことが他にもあるのではないかと思っています。

私たちが扱っているのは、紛争である以上、それは「人」を扱っているということです。だから、法律にも「人間味」を持たせないといけない、杓子定規じゃ駄目なんです。

社会を良くするために紛争を解決する、私はそんな風に考えています。
上手に、双方が納得して解決することが本当は一番です。単純に「勝ったらいい」となり過ぎるのは残念なことです。

法律というのは、解釈の幅があるものです。解釈の幅というのは、その解釈をする人の「人間味」でもあります。
社会常識のない、経験の浅い人が法律を解釈して、結論が非常識になることも実際にはあり得ます。したがって、一朝一夕に身につくものではないけれど、法律家には「人間力」も必要です。

法解釈にも人間味を、解決策にも人間味を、そうでないと社会は良くならないのではないでしょうか。

私の事務所では、新しい弁護士を採用するときにも、その人の「人間力」をもっとも重視します。
お客様に、この弁護士になら話ができる、任せたい、と思っていただけるか、それが大事です。お客様の気持ちに届かないなら、良いサービスは提供できないと思いますから。

本当の意味で、「開かれた事務所」を作りたい

当事務所では、不定期でセミナーを開催しています。これまで、「交通事故セミナー『事故主張』する勇気とは」「遺産分割のコツ教えます」「離婚問題のお悩みゼロ」「知らないと損する賃貸借セミナー」といった、特定のテーマを掘り下げたものを開催してきました。

通常、セミナーといえば一方的な講義形式が多いと思いますが、当事務所では参加者も10名程度に限定し、弁護士がリードはしますがお客様同士も意見を交わしあえるような形式のものになっています。

これは、今その問題でお困りの方だけに来てもらえればいいというのではなく、むしろ弁護士に依頼しなければならないようなトラブルを避けるための法律知識を身につけていただいたり、もっと身近なところで弁護士の活動を知ってもらいたい、という思いからです。

普段から、こういったセミナーを通しても、みなさんに「開かれた事務所」を私たちは目指しています。

また、当事務所はご覧のとおり、入口のドアがガラス張り、お客様は入ってすぐに私たちの業務スペースの奥まで見渡せるような事務所です。

「敷居の低い」法律事務所を謳う事務所はたくさんあると思います。しかし、実際には多くの事務所が、入口から相談室に至るまで、プライバシーに過剰に配慮しすぎてお客様が余計に緊張してしまったりという場合も多いのではないでしょうか。

もちろん、お客様のプライバシーは重要です。しかし、当事務所では、お客様と自分たちの距離感が縮まることがもっと重要で、お客様に本当の意味で気軽にご相談にお越しいただき、正直にお話をしていただける、そんな事務所でありたいと考えています。
ですから、実際にご相談に来られるお客様のお気持ちを想像して、このような開放的な雰囲気の事務所を作りました。

入った瞬間からスタッフの顔が見えて、オープンな雰囲気を感じてもらえると思います。
どうか緊張せずに、気楽にご相談にお越しいただければと思います。

(セミナー情報)
https://ja-jp.facebook.com/k.law.jp

所属弁護士の法律相談回答一覧

不定行為の認定されるケースについて。 2017年01月14日

不倫での慰謝料請求等の中で、下記の場合、 「不貞行為」とみなされるケースでしょうか。 ■事象:異性宅宿泊 ■回数:一度 ①不貞行為の認定の有無  (上記のみでも、強い認定の根拠と成り得るか) ②慰謝料請求発生の有無 ③慰謝料発生の場合、  比較的高額・低額のどちらになるケースが多い と考えられ...

お世話になります。 一弁護士の意見として回答させていただきます。 ①一度の宿泊でも不貞行為として認定されることはありえます。 ただし、家に入る・出る写真を撮られるなど、決定的な証拠については、 相手方が立証する必要があります。 ②不貞行為として認定された場合は、慰謝料請求の対象となります。 ③不貞行為が常態化している場合に比べて、若干の低額はあり得ますが、...

川原 俊明弁護士

川原 俊明弁護士

婚約破棄が成立し慰謝料を受け取ることができますでしょうか? 2016年10月31日

婚約破棄が成立するのかについてご相談いたします。 結婚を前提に3ヶ月前にお付き合いを始めました。結婚を前提にというのは、相手から交際をしたいと申し込まれもし交際したいのなら結婚してくださいと言ったところ相手がそれに了承をしたという状態です。双方の親に挨拶をし、結婚の了解を取ってから二人で暮...

当事者同士では感情論や水掛け論になってしまう可能性が高いので、第三者である弁護士を介入させての交渉を行うことが良いのではないかと思います。

川原 俊明弁護士

川原 俊明弁護士

婚約破棄が成立し慰謝料を受け取ることができますでしょうか? 2016年10月29日

婚約破棄が成立するのかについてご相談いたします。 結婚を前提に3ヶ月前にお付き合いを始めました。結婚を前提にというのは、相手から交際をしたいと申し込まれもし交際したいのなら結婚してくださいと言ったところ相手がそれに了承をしたという状態です。双方の親に挨拶をし、結婚の了解を取ってから二人で暮...

ご相談者だけでなく、相手の話や、事情もお伺いする必要があるとは思いますが、 ご質問の内容だけで拝見すると、婚約破棄と言えなくないと考えます。 ただ、慰謝料を請求する、となったとしましても、高額の慰謝料は難しいと考えます。 双方でご両親に挨拶にいき、記載いただいた手紙まで送っていること (文面そのままなのか、そのような意味合いの手紙なのかは実際で判断する必要...

川原 俊明弁護士

川原 俊明弁護士

回答した質問数

355

質問者が納得

78 / 355質問

総回答数

494
実名回答 494 匿名回答 0

ありがとう

284 / 494回答

弁護士法人川原総合法律事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 医療
  • インターネット
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 倒産
  • 税務訴訟
  • 国際・外国人問題
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

所属弁護士

弁護士ドットコム登録弁護士数7

事務所概要

弁護士法人川原総合法律事務所
川原俊明(大阪弁護士会)
所在地
〒 530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-10-2幸田ビル8階
京阪淀屋橋駅から徒歩10分
京阪大江橋駅から徒歩8分
JR北新地駅から徒歩5分
JR大阪駅から徒歩10分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 託児所・キッズルーム
対応言語
  • 英語
  • フランス語
受付時間

土日祝でもお電話対応可能です!

  • 平日可
  • 土日可
  • 祝祭日可
7人
7人
http://www.e-bengo.com/

弁護士法人川原総合法律事務所離婚・男女問題弁護・依頼

一度きりの人生。強いハートで、自信を持って、再出発を。 ♦︎1981年創設♦︎35年以上の実績/経験♦︎ 【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】
  • 初回相談無料
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり
  • 完全成功報酬あり
  • カード払いあり

〜あなたの新たなスタートを応援いたします〜

【このようなお悩みはございませんか?】
・離婚したいが、相手が離婚に応じてくれない。
・離婚を切り出されているが、離婚したくない。
・離婚したいが、財産の分け方がわからない。
・離婚したいが、離婚後の生活に不安がある。
・配偶者の浮気が発覚した。
・浮気を原因に慰謝料請求をしたい/慰謝料請求を受けている。
・養育費を支払ってくれない。
・離婚したが、子供に会いたい。
・相手が既婚者と知らなかった。でも慰謝料を払わないといけないのか。
・未成年の娘が妊娠してしまった。等


ここ最近、離婚事例、男女問題依頼解消事例が非常に増加しています。
ただ単に離婚をするだけならば、離婚届一枚を提出することで済む話です。
しかし、実際には、離婚に伴う慰謝料請求や、財産分与、婚姻費用分担や、二人の間に子どもがいれば、養育費請求、親権の問題など、問題は山積みです。
もはや二人の気持ちだけで解決することのできる問題ではありません。

そんなときにこそ、我々法律家の出番です。
私たち弁護士は、依頼者の意思を十分に受け止め、方向性を確定したうえで、相手方と交渉します。
いわば人間関係の交通整理ともいえるでしょう。

まずはお気軽にご相談ください。
初回の相談料は無料とさせていただいております。

弁護士ドットコム事務所訪問記

弁護士ドットコムスタッフが、川原総合法律事務所を訪問しました

本当の意味「開かれた事務所」を目指したい

川原総合法律事務所は、本当の意味で、お客様が「気軽に相談ができる」「敷居の低い法律事務所」を実現したいとの思いから、事務所はとても「オープン」な雰囲気になっています。 淡いピンクと黄緑の室内空間は、清潔感があり、相談者の心をなごませてくれます。 入口はガラス張りのドア、このドアの外からも、弁護士の先生とスタッフの皆さんが業務をされている姿が目に入ってきます。

代表弁護士川原俊明先生にお話をお伺いしました

離婚問題。先生にとってはどのような問題で、どういう風に解決していきたいですか?

現在までに扱った離婚問題。そうですね、いろんな事件がありました。特別な偏りはなく、基本満遍なく携わってきましたが、離婚問題は大変根の深い問題だなと感じます。例えば、最初に「慰謝料請求」と言って事務所にご来所いただいた方も、だいたい他にも様々な問題を抱えています。 弁護士と話すと、他にもいろんな見過ごせない問題が出てくることがほとんどです。 だから、この事務所ではワンストップサービス。そういうことを全部、この事務所で全てを解決してもらえるように活動しています。 精神的にも傷つき、疲れてしまっている方も多いため、メンタルケアを含め、法律の枠を超えたリーガルサービスも徹底して提供させていただきたいと思っております。

離婚分野が他の分野で違うところはどんなところだと思いますか?

離婚分野以外もそうかもしれませんが、私は離婚分野は特に「再出発支援」が報われる分野だと思っています。 離婚問題も時の流れ共に変わってきました。例えば、今まで女性は、家の中で「我慢する」ことがあまりにも多かった、あるいは我慢するのが当たり前だった。でも時代と共に、「辛い、限界、別れたい」と、声をあげにくかったことが、現在は受け入れられるようになりました。 そんな、社会の中で頑張る女性の再出発を応援したい。離婚問題を解決する、離婚問題に携わるということは、再出発支援であると私は考えています。 女性だけではありません。離婚や男女問題で苦しんだ男性の方にも、爽やかな人生の再出発をして欲しいと思いますので、どんなことでもご相談ください。

「再出発支援」。素敵な言葉ですね。

「離婚」=確かに「夫婦関係の終了」でもあります。 でもそれと同時に、「それぞれの人生の新しいスタートライン」でもあるのです。 様々なしがらみの中で、その第二の出発ができない人、できるかどうか迷っている人、たくさんいますよね。でもみんな一度きりの人生じゃないですか。貴方も、わたしも、人生は一度きり。 そう考えると再出発できるのであれば、できるだけ早く再出発した方がいいと思います。もちろん私たち弁護士も、そういう「誰かに人生の再出発」に関わることですので、その人生一つ一つに責任を持って、迅速に対応して行きたいと思っています。

離婚に関する法律相談だけでなく。離婚に付随する「悩み」も、先生に相談できますか?

もちろんです。離婚後の双方の事情、そして離婚後の子供の親権、面会交流など、そう言う次の生活・暮らしのステップになるようなことも、随時ご相談に乗ります。 家族の問題は、大きく見れば社会の問題です。核家族化が進む中、家族にヒビが入ると、それは他のところでも計り知れない影響が出てきますから。家族は「人が帰る場所」なんです。 そんな家族が分裂してしまうと、社会はどんどん脆弱になります。

  

離婚に付随する悩み、最近はどんなものが多いですか?

例えば、子供との面会交流。 子供にとって「両親」と言うものは本当に何にも代え難い存在です。 両親が円満であるに越したことはありません。 だけど、いろんな事情でその状態が叶わないとき、特に両親の不仲で家庭が子供にとって「安らぐことができる場所」ではなくなってしまったとき。これは、大変です。でも私は、一度離れて暮らしたりしても、そして、家庭ではない場所ででも子供が「両親」との接触を持つこと。これは大事なことだと思います。

子供だけでなく、面会交流によって、大人も成長しそうですね?

そうなんです。 子供は、「両親」を肌で感じられるし、親もまた、面会交流によって、 だんだんと「親としての責務」に気づかされることもしばしばです。子供が親と親を繋ぐのです。 これは本当によくあることなのですが、離婚した夫婦に子供がいる場合、 面会交流をしていると、例えば、「慰謝料」や「養育費」などの支払いも滞りなく支払われるケースが多いです。 子供と交流を持つことによって、夫婦どちらも「親である」ということに気づかされるんですね。 子供の未来を考える大人、であるためにも、面会交流は必要なことだと思います。

やっぱり人が1人育つ、ということは尊いことですもんね。子供に罪はないですしね?

そうですね。一番多感な時期だからこそ、「両親」の存在が大事になることもある。だから、たとえ親が離婚していても。子供の成長や子供の将来を考えると、別居していても面会交流などで接する方法や機会はたくさんあるので、なんとか「2人で育てる」と言うことを意識してほしいと「親」を説得することもありますよ。

離婚問題で忘れられない事件を教えてください

ある家族の話です。離婚に関するお悩みを抱えていた妻(母親)。 この奥さんね、旦那さんに対する恨みや憎しみの気持ちが相当強く、子供を一切父親に託したくないと言う気持ちが大きかった。 でも私はその奥さんを説得しました。父親に「会う」ということ。これは何にも代え難い、お金では買えない時間です。お父さんに会うことで、「学ぶこともある」と思うから、父親に「会わせない」という選択を選ぶことのないように説得しました。その時から現在まで、その家族は、ずっと当事務所で、「面会交流」をやっているんです。双方の弁護士立会いの元ですが、この事務所が、その親子にとっては「会う場所」であり、「接点」です。非常に珍しいケースでしたが、私の心には非常に鮮明に残っています。

なるほど。先生のおっしゃる「「再出発支援」そう言う形もあるんですね。

そうですね。「子供」もいつまでも「子供」ではないでしょう? 時が経てばみんな自立していくじゃないですか。年頃になればだいたいみんな「大人の事情」も理解できるようになる。そうなるまでの期間こそが大事なんです。成長期に親としっかり接点を持つこと。実現可能な限り、1組でも多くの家族がそうであってほしいと願っていますし、そのために当事務所でもできる「支援」をこれからもずっと続けて行きます。

離婚問題や家族の問題を手がける中で、強く感じることありますか?

今までは「我慢」でしかなかった。離婚するということは「生活できなくなる」ことを意味しました。社会が変わりましたね。夫婦関係の割り切り度合い、はかなり変わってきていると思いますね。昔に比べて、みんな割り切りが早いし、割り切り上手な気がします。社会全体でも「再出発支援」を推進できることも最近増えたと感じます。

離婚問題に関わるとき大事だと思うスキルはどんなスキルですか?

ズバリ「傾聴力」。いろんな夫婦がいて、その在り方って一つではないじゃないですか。だからこそ、依頼者の立場に立って、考えるために、依頼者の方がどう思っているのか、本当はどうしたいのかと考え、そしてその意思に寄り添うことが非常に重要です。

現在は昔に比べて別れるのも簡単ですもんね。私もいろんなベテランの先生に取材すると皆さん口を揃えて、「最近社会が無機質化している」「人と人との関係が希薄になってきている」とおっしゃるんですか、先生もそう思われますか?

現在の社会は、本当に人間関係希薄ですね、インターネットでいつも繋がれますから。でも人との本当の繋がりって、そんな簡単なものじゃないですよね。 離婚問題もそう。考えてみてください。一度結婚したってことは、一度は、一生を添い遂げようとお互い心に決めて契りを交わしたわけじゃないですか。そう言う尊い気持ち、忘れているだけなのであれば、「もう一度修復できないか」「もう一度修復する方法はないか」と依頼者に気づかせて、考え直してもらうように諭すことも、時には必要であると思っています。そうなると、法律相談というよりは、半分人生相談ってところでしょうか。 でも大事なことです。修復できるのであれば、絶対にそれが一番いいじゃないですか。 そんな風に、法律事務所や弁護士が、人と人との縁を繋いでいける場所として認められるようになるといいと思います。

女性弁護士永木友雪先生にもお話を伺いました

女性弁護士として離婚・男女問題に携わる中でどんなことを感じていますか?

離婚や男女問題で悩まれている方の中には身体的にも精神的にもかなり限界に近い状態の方が本当に多いなと感じます。そんな時、同じ女性として話しやすやや安心感を感じていただけるように、お話をじっくり丁寧に聴くことを一番心がけております。

最近印象深い事件はありましたか?

離婚だけでなく、最近は男女間の暴行や性被害、そして未成年の妊娠・中絶関連の事案も増えているように見受けられます。性被害に遭ったり、未成年で妊娠したりすると、当事者だけでなく大切なご家族まで悩み苦しむことも多いですし、男性の弁護士にはなかなか相談しづらいこともあると思います。同じ女性として、そんな苦しみや葛藤を共有し、幸せな未来になるよう、私も一緒に考えます。もう、一人で悩み過ぎないで。ぜひ早めにお電話ください。

最後に。川原総合法律事務所から読者の方へメッセージ

離婚事件は、身体的にも精神的にも疲弊してしまうことが多いですよね。 時の流れと共に、社会は確かにだんだんと変化し、様々な生き方が受け入れられるようになりました。でも、離婚や家族との離別によって、人の心が傷つくのは、いつの時代も変わることはありません。そんな傷ついた心を取り戻すために、「法的束縛からの解放」も含めて、貴方のお力になりたいです。 貴方が心を強く持ち、自信を持って、再出発ができるように。第二の素敵な人生を歩めるように。心を込めてお手伝いさせていただきたいと思います。どんな小さなことでも、お一人で悩まずに、まずはお電話ください。

離婚・男女問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回のみ相談料は無料で承ります。
通常は1時間で10,000円(税込)です。
※電話相談に関しては、弁護士に依頼する必要があるか否かを判断する5分程度の相談を承っております。
着手金/報酬金 原則、旧大阪弁護士会報酬規定に準拠して算定しています。
事案によっては、分割払い/成功報酬/カード払い等にて承れる場合がございます。
お気軽にご相談ください。
カード決済 当事務所では、平成14年(2002年)、弁護士法改正に伴い、法律事務所を法人化すると同時に、法人事務所として、いち早く、VISA、JCBなどのカード会社とカード加盟店契約を締結しました。
日本で初めてクレジットカードによる弁護士費用の決済を行う法律事務所です。
(但し、破産手続き、民事再生申立、任意整理など、負債整理案件については、一切、カード決済の受付をいたしませんのでご了承ください。)

離婚・男女問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回のみ相談料は無料で承ります。
通常は1時間で10,000円(税込)です。
※電話相談に関しては、弁護士に依頼する必要があるか否かを判断する5分程度の相談を承っております。
着手金/報酬金 原則、旧大阪弁護士会報酬規定に準拠して算定しています。
事案によっては、分割払い/成功報酬/カード払い等にて承れる場合がございます。
お気軽にご相談ください。
カード決済 当事務所では、平成14年(2002年)、弁護士法改正に伴い、法律事務所を法人化すると同時に、法人事務所として、いち早く、VISA、JCBなどのカード会社とカード加盟店契約を締結しました。
日本で初めてクレジットカードによる弁護士費用の決済を行う法律事務所です。
(但し、破産手続き、民事再生申立、任意整理など、負債整理案件については、一切、カード決済の受付をいたしませんのでご了承ください。)

弁護士法人川原総合法律事務所相続弁護・依頼

親族間の不毛な争いを最小限にするために、まずはご相談ください。 ♦︎1981年創設♦︎35年以上の実績/経験♦︎ 【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】【LINEで連絡可能】
  • 初回相談無料
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり
  • 完全成功報酬あり
  • カード払いあり

■血の通った人間味あふれる事件処理を目指します

■常に新しい価値観と知識を活用し、最大限の努力をします

■弁護士、事務局スタッフが一丸となり事務処理にあたります

■最新のIT技術を駆使し、あらゆる救済手段を探求します

【初回相談無料】【夜間・土日祝日も対応】 まずはお気軽にお問合せください!


*********** 遺産相続に関するトラブルはお任せください ***********
■遺産相続に関するトラブルについて
問題が起きる前に弁護士に相談をする「予防法務」は今後ますます重要になると言われています。特に相続の紛争は、遺言書の用意がされていないために起ってしまうケースが多いため、生前準備のアドバイスも積極的に行っています。

■重要取扱い案件
・遺産分割協議の代理、調停・審判
・遺産分割協議書作成、遺言書作成
・遺言執行
・遺留分減殺請求


■このようなご相談はお任せください
・遺言があるが、遺言が有効かどうかわからない。
・遺産としてどういうものがあるかわからない。
・成年後見人についての知識がないので、正しい知識を知りたい
・相続人が誰かはっきりしない。
・遺産の分割について相続人ど同士での話し合いが難しいなど、
お困りの際は、当事務所弁護士へご相談ください。


代表弁護士川原俊明先生にお話をお伺いしました

LINEも導入、どんな時でも気軽に連絡してもらえる存在でありたい

遺産相続問題が他の分野の問題と決定的に違うところは、親族同士の対立というところです。まさに骨肉の争い、ですね。相手が同じ屋根の下に暮らす家族であったりもしますから、手紙や電話などは連絡する際に、都合が悪いこともあります。連絡手段に気を遣って依頼者の 悩みやストレスがいつまでも解消されないのは、本当に良くないですよ。そういう想いからも、私たちは弁護士との連絡ツールの中にLINEを導入しています。「辛い」「分からない」と思っている時点でご連絡を頂戴することができれば、取り返しのつかないことを避けたり、あなたが損をしないようにとアドバイスをすることも可能です。誤まった知識で判断することは最も危険。あなたが必要以上にストレスを溜めないためにも、事態が深刻化する前に一度ご連絡ください。

“短期集中型解決“にこだわり続けたい

当事務所が遺産相続問題に携わる中で、特に意識していることは、「時間をかけないこと」です。遺産相続問題は、親族の争いです。関係者同士のこれまでの歴史や親からの扱われ方などが原因で、恨みに近いような強いネガテイブな感情を持たれていらっしゃる方もいらっしゃいます。このような「怒り」の感情を継続して持つことは精神衛生上、あまりいいことではありません。特に遺産相続問題は、離婚問題や労働問題とは異なり、その後も親族関係が切れることはありませんので、なるべく時間をかけずに、すっきりと爽やかな気持ちで解決できるように努めています。LINEを導入しているのもその一環です。残念ながら、私たち弁護士に悩み自体ををなくすことはできません。しかし、悩む時間を減らすことはできる。当事務所のモットーであり、当事務所所属弁護士の武器でもある「粘り強さ」と「バランス感覚」を駆使して、迅速に対応いたします。

「人間性に基づいた説得力」が必要不可欠

昨今、やはり遺産相続問題においては、生前に遺言を作成するなどして準備する、という需要が増えてきたように感じますね。遺言を書くことによって、被相続人の死後起こりうる紛争を予防できることがありますので、当事務所でも積極的にアドバイスを差し上げております。また、当事務所には、協議で解決することが難しい案件のご相談が数多く寄せられます。こういう案件を解決する時に、一番大事のは、「人間性に基づいた説得力」です。相続問題に限ったことではありませんが、弁護士の仕事というものは法律知識ばかりを使う仕事ではありません。特に協議をすることが難しい場合は、揉め事も深刻化してるので、法律を照らし合わせるだけでは理想的な解決ができない場合があります。私は弁護士である前に、普通の人間です。「法律がこうだから」ではなく、「人としてどう考えるか」「人として、共感できるか」というところは非常に重要な視点だと考えています。「法律」や「正論」だけでは人の心を動かすことは難しい。だから当事務所の弁護士は皆、それぞれの選択肢について、なぜその選択肢が有効なのかを、必ず理由を添えて説明しています。それこそが、人間性に基づいた説得力だと思いますし、依頼者を幸せへと導くために必要不可欠なスキルだと思っています。

人を許せるか否か、それは人間に与えられた試練

遺産相続問題を解決する際には、依頼者にも弁護士にも「思いやり」の気持ちが必要です。揉め事が起こっている時、当事者はなかなか冷静な判断ができずに相手を責めることしかできなくなってしまうことがあります。そんな時に、私が介入することで、「人を許す気持ち」を依頼者に与えることができれば、事件に関わる人が皆、前向きな気持ちになれると思うんです。せっかく私を、当事務所の弁護士を、頼ってきてくださる方には、そういうリーガルサービスを提供したい。私たちに出会うことで、「人生が開けた」「視野が広がった」「優しくなれた」と思っていただけるように、真正面から向き合い、あなたが後悔せず、心が満たされながら生きていける選択肢をご提案させていただきます。人を許すことはなかなか出来ないことですが、人を許すことで、あなたの人生はきっともっと豊かになると、私は心から信じているんです。「絶対許せない。」そう思っている方こそ、一度私とお話しませんか?

相続の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回のみ相談料は30分無料で承ります。
通常は1時間で10,000円(税込)です。
※電話相談に関しては、弁護士に依頼する必要があるか否かを判断する5分程度の相談を承っております。
着手金/報酬金 原則、旧大阪弁護士会報酬規定に準拠して算定しています。
事案によっては、分割払い/成功報酬/カード払い等にて承れる場合がございます。
お気軽にご相談ください。
カード決済 当事務所では、平成14年(2002年)、弁護士法改正に伴い、法律事務所を法人化すると同時に、法人事務所として、いち早く、VISA、JCBなどのカード会社とカード加盟店契約を締結しました。
日本で初めてクレジットカードによる弁護士費用の決済を行う法律事務所です。
(但し、破産手続き、民事再生申立、任意整理など、負債整理案件については、一切、カード決済の受付をいたしませんのでご了承ください。)

相続の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回のみ相談料は30分無料で承ります。
通常は1時間で10,000円(税込)です。
※電話相談に関しては、弁護士に依頼する必要があるか否かを判断する5分程度の相談を承っております。
着手金/報酬金 原則、旧大阪弁護士会報酬規定に準拠して算定しています。
事案によっては、分割払い/成功報酬/カード払い等にて承れる場合がございます。
お気軽にご相談ください。
カード決済 当事務所では、平成14年(2002年)、弁護士法改正に伴い、法律事務所を法人化すると同時に、法人事務所として、いち早く、VISA、JCBなどのカード会社とカード加盟店契約を締結しました。
日本で初めてクレジットカードによる弁護士費用の決済を行う法律事務所です。
(但し、破産手続き、民事再生申立、任意整理など、負債整理案件については、一切、カード決済の受付をいたしませんのでご了承ください。)

弁護士法人川原総合法律事務所労働弁護・依頼

♦︎35年以上の実績/経験♦︎熱血「大」増量中!◆ 【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】【電話相談可】 不当解雇/残業代請求/パワハラ/セクハラ等、お任せください。
  • 初回相談無料
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり
  • 完全成功報酬あり
  • カード払いあり

〜真面目に働いているあなたの権利を守りたい〜
そのような想いのもと労働問題に注力しております。

【重点取扱分野】
・残業代請求
・不当解雇
・労災に関して
・パワハラ/セクハラ/マタハラ等

【このようなお悩みはございませんか?】
・サービス残業を強いられている。残業代を請求したい。
・理由も分からず突然解雇された/不当な理由で解雇された。
・パワハラ/セクハラ/マタハラを受けている。等
お困りのことはご遠慮なくご相談ください。

【便利なアクセス】
・京阪・地下鉄御堂筋線淀屋橋下車①番出口北へ徒歩7分
※1 御堂筋に沿って北進、右手に大阪市役所
池田泉州銀行を右に見て、次の信号の右角に幸田ビル
1階はコンビニ・デイリーヤマザキ
京阪中之島線大江橋下車
※2 ⑤番出口より御堂筋(大江橋南詰交差点)を横断後、北へ約5分。
JR東西線北新地駅下車
※3 御堂筋側(東側)出口を地上に出て東進、大和証券角を南下。
北新地本通りの手前で御堂筋を横断

弁護士ドットコムインタビュー
川原総合法律事務所代表の川原 俊明弁護士と阪下 慎太郎弁護士にお話を伺いました

労働問題に力を入れている理由を教えてください

労働者は窮地に立たされている。
弁護士がサポートしなくてはいけないという強い信念

今まさに、労働者は窮地に立たされていると感じます。
過労死、サービス残業、セクハラ・パワハラ、ブラック企業など、労働に関するニュースはほぼ毎日耳にし、社会問題化しています。
問題の解決は必ずしも弁護士の支えやアドバイスだけではありませんが、法的なアドバイスを受けることで改善できることはたくさんあります。つまり法律の専門家たる弁護士がご支援をすることで解決の糸口につながる可能性は高い。それならば弁護士が行動しなくてはいけないだろうと考えています。

仕事だけに打ち込める方はそれでよい。
そうでない方まで巻き込まれてしまうことから守りたい。

仕事への取り組み方は様々なので、仕事に邁進できてすべてを仕事に捧げる方もいてよいと思います。しかし、そうではない人まで、巻き込まれてしまっているというのは異常です。
仕事はあくまでお金を得るためだという割り切りをしている方が巻き込まれてしまうのは苦痛でしかありません。昨今は転職も難しくなっていますし、新卒で勤めた先がブラック企業だったら一生そこに骨を埋める覚悟で仕事しなくてはいけません。
そのような現状、環境を変えたい、労働者を守りたいと思いますね。

労働者をサポートすることで社会全体を変えていきたい。

国も残業時間の上限を決める方針を掲げるなど、労働環境を改善する試みが見られますがなかなか実態が伴っていないと、数多くのご相談を伺う中で感じます。
このような現状では、トップから変えていくことは難しいため、労働者の立場から声を上げることで、経営者にも企業改善の意識を持ってもらわないと、社会は変えられないと思います。
労働者の立場を擁護し、社会に問題することで職場環境・労働環境を変えていくきっかけにしていきたいですね。

ご相談を受けている中で感じる傾向や特徴はありますか?

「本当に大切なもの」を大切にする方が増えてきた。

ご自身の生活を大切にする方が増えてきており、労働者の方のはたらき方の意識が変わってきていると思います。
「企業戦士」がもてはやされた高度経済成長期には「サービス残業も当たり前」という風潮があったのは事実です。
しかし、今や日本は高度経済成長を経て、社会自体が成熟しており安定社会になりつつあります。社会が安定しているのに労働者の生活は以前のまま変わっていない。これは、やはりおかしいですよ。
そのことに社会全体が気づきつつあり、個々の従業員の方も「本当に大切なご自身の生活を大切にしよう」という意識に変わってきていると感じます。

残業代、不当解雇、セクハラ、パワハラなど、様々なご相談が寄せられる。
力関係がはっきりしているがゆえに表立って争えない方も。

ご相談の内容は未払い残業代・賃金のご請求、労災のご相談、不当解雇、セクハラ、パワハラなど多岐にわたります。
労働問題は目の前の身近な権力との争いになり、職を失えば収入も失うため表立って行動できず、心身ともギリギリになるまで追い詰められてしまう方もいらっしゃいます。
他のお悩み事でしたら、過失があったか・なかったかでなど、争点について徹底的に争えばよいですが、労働は時には争いを回避することが求められます。それは力関係がはっきりしているからで、それも身近な権力だからというのが大きいのだと思います。
行政のような巨大な権力であれば、争ったとことで住んでいる町を追い出されるということはありませんが、雇用者と裁判沙汰になった時点で、元の会社に戻ることは難しくなります。身近で生活に密着しているがゆえに話し合いであったり、ことを荒立てない手段が求められることもあります。

労働問題ではどのようなことに気を付けていますか?

相談者の利益は確保しつつ、「ケンカ別れ」せずに済む手段を模索することも。

会社との関係をどうしたいかによって、対応方針を変えることです。
もう退職するので今まで働いた分を正当に評価してほしいのか、今の仕事は続けたいが上司や職務に不満がある、など様々なケースがあります。
前者のような金銭だけの話であれば徹底的に訴訟し、場合によっては差し押さえなど毅然とした態度で臨みます。後者のようなケースは考えにくいと思うかもしれませんが、転職先も決まっていない状態で小さなお子様がいるなど、やめるにやめられない場合などもあります。このような場合は職場の改善について会社と話し合いができるといった手段を取ることもありますし、その方がどうしたいかをスタート時点からよく話し合うことを特に気を付けます。

川原総合法律事務所から、労働問題でお悩みの方へのメッセージ

多くの方はひとりで悩んでおられ、大変お辛いと思います。
まずは、自分がおかれている環境が適切かどうかを誰か専門家に聞いてほしいです。当事務所もそうですが、気軽に相談できる事務所も多いですし、公的機関にもそのような役割を担うところがあります。それだけで気分も多少は楽になるかもしれません、適切な法的解決手段が見つかるかもしれません。
自分だけの悩みでなく、弁護士をアドバイザー、支援者という位置づけにしていただき、法的な解決を目指す、法律事務所にそのサポートをさせていただきたいです。
弁護士に相談することが問題解決につながりますので、遠慮なく事務所の門をたたいていただきたいです。

労働の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回のみ相談料は無料で承ります。
通常は1時間で10,000円(税込)です。
※電話相談に関しては、弁護士に依頼する必要があるか否かを判断する5分程度の相談を承っております。
着手金/報酬金 原則、旧大阪弁護士会報酬規定に準拠して算定しています。
事案によっては、分割払い/成功報酬/カード払い等にて承れる場合がございます。
お気軽にご相談ください。
カード決済 当事務所では、平成14年(2002年)、弁護士法改正に伴い、法律事務所を法人化すると同時に、法人事務所として、いち早く、VISA、JCBなどのカード会社とカード加盟店契約を締結しました。
日本で初めてクレジットカードによる弁護士費用の決済を行う法律事務所です。
(但し、破産手続き、民事再生申立、任意整理など、負債整理案件については、一切、カード決済の受付をいたしませんのでご了承ください。)

労働の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回のみ相談料は無料で承ります。
通常は1時間で10,000円(税込)です。
※電話相談に関しては、弁護士に依頼する必要があるか否かを判断する5分程度の相談を承っております。
着手金/報酬金 原則、旧大阪弁護士会報酬規定に準拠して算定しています。
事案によっては、分割払い/成功報酬/カード払い等にて承れる場合がございます。
お気軽にご相談ください。
カード決済 当事務所では、平成14年(2002年)、弁護士法改正に伴い、法律事務所を法人化すると同時に、法人事務所として、いち早く、VISA、JCBなどのカード会社とカード加盟店契約を締結しました。
日本で初めてクレジットカードによる弁護士費用の決済を行う法律事務所です。
(但し、破産手続き、民事再生申立、任意整理など、負債整理案件については、一切、カード決済の受付をいたしませんのでご了承ください。)

事務所情報

弁護士法人川原総合法律事務所
川原俊明(大阪弁護士会)
所在地
〒 530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-10-2幸田ビル8階
京阪淀屋橋駅から徒歩10分
京阪大江橋駅から徒歩8分
JR北新地駅から徒歩5分
JR大阪駅から徒歩10分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 託児所・キッズルーム
対応言語
  • 英語
  • フランス語
受付時間

土日祝でもお電話対応可能です!

  • 平日可
  • 土日可
  • 祝祭日可
7人
7人
http://www.e-bengo.com/

弁護士法人川原総合法律事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 医療
  • インターネット
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 倒産
  • 税務訴訟
  • 国際・外国人問題
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5285-2526

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間

土日祝でもお電話対応可能です!

  • 平日可
  • 土日可
  • 祝祭日可
弁護士法人川原総合法律事務所へ問い合わせ

050-5285-2526

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ

受付時間

土日祝でもお電話対応可能です!

  • 平日可
  • 土日可
  • 祝祭日可

事務所の対応体制

  • 駐車場近く
  • 託児所・キッズルーム
  • 英語
  • フランス語
弁護士法人川原総合法律事務所