弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

サード法律事務所

大阪府大阪市北区西天満6丁目7-4大阪弁護士ビル 902号

みんなの法律相談回答一覧

弁護士で絞り込む

三村 雄一郎弁護士のみんなの法律相談回答一覧

破産前に保証人になった債務について 2017年02月23日

奨学金を借りていた子供が破産しました。 私は子供の奨学金の保証人になっており、学生支援機構から元金180万円と延滞金140万円の一括返済要求がきました。 しかし私自身も15年前に破産しており、現在は夫婦二人で月5万円の年金収入しかありません。 支援機構からは免除などは一切ないと言われ、金策に走りまし...

15年前の破産手続きの後に、保証人となられたのでしょうか。 現時点で支払いが困難である以上、 再度の破産手続きも選択肢となりましょう。 前回の破産から15年が経過していることから、 二度目の破産であっても免責を受けられる可能性はあると思います。 それも視野に入れて、弁護士に相談されることをお勧め致します。

三村 雄一郎弁護士
婚姻費用の算出方法について 2017年02月22日

夫と別居中です。夫は自営業をしていて今回婚費の減額調停を申し立ててきました。夫が接待交際費などを増し所得を抑えてきた場合はどうなるのでしょうか?減額されてしまうのでしょうか? 個人事業者の交際費は上限がないといいますが税務署が認めたものは裁判所でも認められてしまうのでしょうか?

確かに、確定申告上の所得の額が、 婚姻費用算定の基礎として重要な役割を持っておりますが、 申告者が、計算上の婚姻費用を抑えることを意図して 所得を操作しているようなことが明らかな場合は、 それを実際の所得と評価されない可能性もありましょう。 意図的に経費を水増ししているような事情が見られる場合は、 その旨、適切に反論していくべきと考えます。

三村 雄一郎弁護士
自己破産前の詐害行為について 2016年12月20日

詐害行為について質問いたします。今現在、複数の負債があり自己破産するしかない状況ですが、自己破産費用の都合で自己破産すらできずに一年以上経過してしまいました。(この間は一社にも支払いをしていません) もちろん返済できればしていきたいのですが負債額が大きく、現在の収入は生活できるギリギリの額しか...

破産の主体が法人であればともかくとして、 各種要件満たす必要がありますが、 個人の破産については利用出来る可能性もあるかと思いますので、 できないと決めつけて諦めてしまうのも早計かと存じます。 専門家への早期のご相談をお勧め致します。

三村 雄一郎弁護士
サード法律事務所へ問い合わせ

050-5285-8404

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ

受付時間

平日10:00 - 21:00
土日10:00 - 19:00

  • 平日可
  • 土日可

事務所の対応体制

  • 駐車場近く