弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

法律事務所エクラうめだ

大阪府大阪市北区茶屋町8-21ジオグランデ梅田2502

法律事務所エクラうめだの特徴・強み

◆初回相談無料◆クレカ払いOK◆連絡はLINE◆依頼者のかたを大切に想い、常に寄り添う。女性ならではの“きめ細やか”なサービスで、あなたを解決まで導きます

【当事務所のポイント・特徴】
①弁護士も事務員も全員女性だから、共感できる。常にあなたに寄り添います
②お支払いは各種クレジットカード、交通系ICカード、QUICPay、nanaco、iD全てOK
③LINEでつながる安心感。密なコミュニケーションで、スピード解決につなげます
④得意分野は離婚・男女問題と刑事弁護。男性からのご相談も大歓迎です
⑤梅田駅徒歩3分。ハーブティーを飲みながら、まずはお話を聴かせてください

法律事務所エクラうめだは、女性スタッフだけの事務所です。少しでも安心してご相談いただけるよう、ご連絡いただいた際の電話での対応から、相談室の雰囲気はもちろんのこと、アロマの香りやお茶のセレクトなど、一見すると気づかないディテールまでこだわっています。

どうぞお気軽にご連絡ください。

HPはこちら ▶Twiterはこちら


弁護士ドットコム事務所訪問記
代表の亀石 倫子(かめいし みちこ)弁護士にお話を伺いました

低空飛行な人生から、“天職”へ転身

私はもともと我が道をいくタイプというか、独立心が強かったんです。読書や音楽を聴くことが好きなこともあって、一人の時間を大事にするタイプでした。周囲の大きな波に深く考えずに流されて楽な道に逃げるのではなく、自分と向き合って悩んだり考えたりすることが多かったですね。

社会の大きな流れに流されるのも嫌で。ときには協調性がないと言われたこともありました(笑)。ただ、周りと同じことをしていては同じようにしかなれない。それは嫌なんだけれど、何がしたいのかもわからなくて。弁護士になるまでの人生って、私にとってはどこか自分を活かし切れない、低空飛行な人生だったんです。


「誰でも通れる広い道を通っても、行きたい場所にはたどり着けない」

司法試験に挑戦したのは、大学を出て就職して、仕事を辞めて結婚したあとのこと。何も持っていない私がまた社会に出て生きていくためには、何か資格が必要だと思ったんです。時間だけはたっぷりありましたし、自分の人生を変えたかったので、文系科目で一番難しい司法試験を目指そうと思いました。一番難しいものを選んだのは、高校3年生のときに父が教えてくれた言葉が影響しています。アンドレ・ジッドの小説「狭き門」を引用して、「狭くて困難な道を行って初めて自分のやりたいことが実現できる」という教えをくれたんですよ。この言葉は、今でも私の人生観に影響を与えています。


依頼者と同じ目線で考えられる強み

私は人生のライフワークとして、刑事弁護にも情熱を持って取り組んでいます。離婚や相続のご相談とは違って、刑事弁護ではアクリル板を1枚へだてたシビアな状況で、依頼者のかたと信頼関係を築く必要があるんです。そこで何よりも大事ことは、何の偏見も先入観もなく、相手の話を聴いて寄り添い、同じ目線で解決策を考えること。最初に入った事務所で得た学びが、常に「依頼者と同じ目線で考えられる」という私の強みにつながっています。

また、どんなに難しいご希望でも、最初から「ムリ」とは言いません。頭ごなしに「それはこういうものだからできない」と言われたらショックですよね。まずは先入観を抜きによくお話を伺って、依頼者のかたが望む方向に近い解決策がないか、という視点で考えています。刑事弁護の経験が、依頼者のかたとの接し方の基礎になっていますね。


来てくださるかたのことを大事に

事務所の代表として他のスタッフに唯一指導していることは、「来てくださるかたのことを大事にしてほしい」ということです。法律事務所に行くって、私なら緊張するだろうなと思いますし、ハードルを少しでも下げたいと思っています。

お越しいただく前のコミュニケーションに関しては、うちの事務員の電話での対応は本当に感心しています。顔が見えないコミュニケーションだからこそ、声のトーンには細心の注意を払いつつ、常に笑顔で話しています。法律事務所に電話をかけるだけでも緊張されるかたって多いと思うのですが、その緊張を解きほぐすような、寄り添った対応をしてくれています。

ご予約いただいて、実際に事務所にいらっしゃる際は、うちの事務所はタワーマンションの一室なので、最初はオートロックのインターホンを押すところから始まります。きっとここでも緊張されていると思います。だからこそ、インターホンが鳴ったら、必ず「お待ちしておりました」「どうぞお入りください」と笑顔でお伝えしてお出迎えできるよう、所内で徹底しています。


リラックスして話してほしい

話しやすい雰囲気のスペースでご相談いただけるよう、心地よい音楽をかけて、いろいろ試して選んだアロマの香りが漂うなかに、グリーンを置いて……とリラックスできる雰囲気作りにこだわっています。お出しするお茶もすごく美味しいものにしたかったので、お気に入りのブランドの中から美味しい茶葉を時間をかけて選びました。夏の暑い時期には、アイスティーに合う茶葉を選んでいます。

事務所で使う封筒もこだわっていますし、切手も普通の切手じゃなくて記念切手にしていたり。そんなところまでお客さんは気づいていないかもしれないですけど、全員女性のスタッフだからこそ、ディテールにも気を抜かずにこだわっているんです。

一つひとつは小さなことかもしれないけれど、それを積み重ねていくことで、依頼者のかたを大事にしている、大切に想っている、ということが伝わったらいいなと思います。そういえば、私はスーツも着ません。自分だったら、いかにも弁護士っぽい人がスーツ着てバッジ付けて出てきたら、緊張しちゃうと思うんですよね(笑)。

いろんな工夫で要らないハードルはできる限りなくして、悩んでいるかた、困っているかたに気軽にご相談いただける場所でありたいと思っています。どうぞ、お気軽にご連絡ください。


所属弁護士への感謝の声

「感謝の声」とは 「感謝の声」とは、弁護士に実際に対面で相談したり、依頼して解決したりしたご相談者さまから、その弁護士のどういったアドバイスやサポートがトラブル解決に役立ったのかを集めた「口コミ」コンテンツです。法律事務所エクラうめだの所属弁護士の実績や評判、人柄を知るのにお役立てください。

1名の所属弁護士に感謝の声が届いています。

亀石 倫子弁護士への感謝の声

50代 男性

依頼 犯罪・刑事事件 2017年2月に解決

たいへん親切で、私の言うことをていねいに聞いてくださった。また、世の中の不正義に立ち向かっていく強い意志を感じた。私が考える法律論とも一致し、ひとつになって不当な逮捕とたたかうことができた。労働問題に通じていて、しかも刑事事件に長けている弁護士は、あまりいないので、たいへん貴重な弁護士に巡りあったと思っている。接見の時の的確な指示は見事だったし、留置場の中で、何の不安も感じなかった。本当に感謝している。

相談した出来事
労働組合の団体交渉での自分の発言が暴力行為等処罰に関する法律違反とされた。
解決方法
不起訴処分

法律事務所エクラうめだの取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続
取扱分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続

法律事務所エクラうめだの所属弁護士

弁護士ドットコム登録弁護士数2

事務所概要

法律事務所エクラうめだ
亀石倫子(大阪弁護士会)
所在地
〒 530-0047
大阪府大阪市北区茶屋町8-21ジオグランデ梅田2502
・「阪急梅田駅」より徒歩3分
・地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩8分
・JR「大阪駅」より徒歩10分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
  • 託児所・キッズルーム
受付時間

・平日:09:30 - 18:00
・土日:10:00 - 18:00
・定休日:祝

※ご予約の受付時間は平日9時30分~18時となりますが、ご相談は18時以降や休日にも対応いたします。
※メールフォームでのお問い合わせ、ご相談のご予約は、24時間受け付けております。

  • 平日可
  • 土日可
2人
1人
https://www.eclat-umeda.com/

離婚・男女問題

◆スタッフは全員女性◆連絡はLINE◆クレカ払いOK◆「離婚は失敗じゃない」。たった一度の人生、自分らしく生きるために“ポジティブ”な再スタートを!
  • 初回相談無料
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • カード払いあり

【当事務所のポイント・特徴】
①弁護士も事務員も全員女性だから、共感できる。常にあなたに寄り添います
②お支払いは各種クレジットカード、交通系ICカード、QUICPay、nanaco、iD全てOK
③LINEでつながる安心感。密なコミュニケーションで、スピード解決につなげます
④年間200件以上の相談実績。どんなトラブルでもお任せください
⑤梅田駅徒歩3分。ハーブティーを飲みながら、まずはお話を聴かせてください

法律事務所エクラうめだは、女性ならではの“きめ細やか”なサービスが強みです。少しでも安心してご相談いただけるよう、ご連絡いただいた際の電話での対応から、相談室の雰囲気はもちろんのこと、アロマの香りやお茶のセレクトなど、一見すると気づかないディテールまでこだわっています。

自分らしく生きるために、「ちょっと違うな」と思う人生に終止符を打ちませんか?
どうぞお気軽にご連絡ください。

HPはこちら ▶Twiterはこちら


弁護士ドットコムインタビュー
代表の亀石 倫子(かめいし みちこ)弁護士にお話を伺いました

低空飛行な人生から、“天職”へ転身

私はもともと我が道をいくタイプというか、独立心が強かったんです。読書や音楽を聴くことが好きなこともあって、一人の時間を大事にするタイプでした。周囲の大きな波に深く考えずに流されて楽な道に逃げるのではなく、自分と向き合って悩んだり考えたりすることが多かったですね。

社会の大きな流れに流されるのも嫌で。ときには協調性がないと言われたこともありました(笑)。ただ、周りと同じことをしていては同じようにしかなれない。それは嫌なんだけれど、何がしたいのかもわからなくて。弁護士になるまでの人生って、私にとってはどこか自分を活かし切れない、低空飛行な人生だったんです。

紆余曲折あって、やっと弁護士になれたのは34歳のとき。そのとき初めて、ときに“強すぎる”と言われたほどの芯の強さも含め、自分自身の根本的なところを「良さ」として活かせるようになり、望んでいた働き方、生き方ができるようになりました。弁護士になって初めて、ためらいなく人生のアクセルを踏めるようになったんですよね。


想いは常に「依頼者のかた」に向いている

人生のライフワークとして取り組んでいる刑事弁護では、GPS捜査裁判で最高裁判所の歴史的判決を勝ち取りました。その裁判での戦い方も含めて、周りからは「新しい」と言われることがよくあるのですが、私にとってはどれも自然な発想なんですよね。

弁護士業界では「新しい」と言われることでも、一般的な感覚からすれば自然。でも、弁護士業界のなかにいて、内側ばかり見ていたら思いつかなかったかもしれないな、と思います。法学部出身でもなければ、もともと弁護士を目指していたわけでもない。だからこそ、いい意味で弁護士としての固定観念がなく、染まらずにいられるのかもしれません。

想いは常に、私に依頼してくださるかたに向いているので、何よりも「依頼者に納得してもらえるように伝えられるかどうか」が、大事です。解決策を考えるときも、「依頼者の目線に立って考えよう」といつも思っています。


下じゃなく、前を向くための初回相談の1時間

離婚で悩んでいるときって、霧の中にいる状態だと思うんです。離婚したい気持ちはあっても踏み出せない。何から解決すればいいかわからなくて、混沌としている状態なんですよね。初めてご相談に来てくださって、話しながら涙を流されるかたが本当に多いので、せっぱ詰まった苦しい気持ちだと思います。

初回相談では、「これから解決しなきゃいけない問題はこれとこれ」で、「どういう道筋でどういうゴールが考えられるか」を、相談者ご自身の状況に当てはめて示します。1時間の限られた時間である程度の見通しをお伝えするためには、単なる会話のやり取りだけではなく、適宜ツールも使います。「離婚を考えた時のポイント」を載せたわかりやすいパンフレットを用意しているので、それを参考に話を進めることもありますね。

見通しがつくと、みなさん本当にホッとした表情になるんですよ。たった1時間の無料初回相談ですが、お越しいただいたときよりも少し晴れやかな表情でお帰りになる姿を見ると、とても嬉しいです。


常につながる安心感。基本的に連絡はLINEを使う

ご依頼をいただいたあとは、LINEでつながって、密なコミュニケーションをとっています。私と依頼者のかたと二人、または私と事務員と依頼者のかたと三人でやりとりをしています。

もちろんLINEでの連絡を希望されない場合は別の方法でご連絡差し上げますが、今はLINEを利用されていないかたのほうが少ないですね。私にとっても依頼者のかたにとっても、コミュニケーションがとりやすいのはメリットだと思っています。どんなことでも、疑問や不安をいつでも気軽に聞いていただくために始めたので、かなり頻繁にやりとりしていますね。これがスピード感ある解決にもつながっています。


できる限り、話し合いで解決へ

離婚したい気持ちがあっても、世間体が気になってためらってしまったり、相手方が同意してくれなかったりする場合もあります。でも、「ちょっと違うな」と思う人生に終止符を打って、離婚して、“自分が望んでいたはずの”人生に向けて再スタートすることのほうが重要だと思うんです。弁護士として、離婚へのハードルに感じているところを乗り越える解決策を提示します。

解決まで導くときは、依頼者のかたの「絶対的な希望」や「譲れるところ」を把握したうえで、相手方の話もよく聞いて歩み寄れる場所を探します。依頼者のかただけでなく、相手方とも積極的にコミュニケーションをとっていますね。

話し合いでは、対決するのではなく調整するというイメージが近いです。ときには依頼者のかたを説得することもあります。10ある希望を10通すのは難しい側面もあるので、双方の妥協点を探しながら、「絶対的な希望」を死守するために交渉を進めます。話し合いで解決したほうが、結果的には費用面でも時間の面でも双方にとってベストな場合が多いんです。


ポジティブな離婚をプロデュース

日本の社会って、高校、大学を卒業して就職したら引き返せない、やり直しがきかない風潮がありませんか? 結婚、出産も通じるところがあると思うんです。でも、たった一度の人生。自分らしく生きるための再スタートを切るタイミングが、遅すぎるということはありません

“バツイチ”という言葉に象徴されるように、離婚はまだまだマイナスなイメージがあると思います。依頼者ご自身も、離婚を人生の汚点や失敗と捉えているフシがあって。でも、私は全然そんなことないと思っているんです。離婚して人生をやり直すことも、ポジティブなこと。“バツ”なんかじゃない、離婚は失敗じゃない、と。

もちろん、経済的には離婚後のほうが厳しかったり、専業主婦だったかたは慣れない仕事を始めたりと、苦労もあるかもしれません。そういう経験も含めて、離婚前よりも今のほうが前向きに活き活きとしている。そんな依頼者のかたを何人も見てきました。一人でも多くの人に、そうやって前向きに生きてほしいと願っています。
不安な想い、悩みを私たちに話してみませんか? どうぞお気軽にご相談ください。

離婚・男女問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料は1時間無料/2回目以降は30分ごとに5,000円(税別)
着手金 離婚協議・調停30万円~(税別)
不倫慰謝料20万円~(税別)
報酬金 離婚協議・調停30万円~(税別)
不倫慰謝料20万円~(税別)
備考欄 離婚公正証書の作成や、当事者同士でのお話し合いをサポートするプランなど、ご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

離婚・男女問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料は1時間無料/2回目以降は30分ごとに5,000円(税別)
着手金 離婚協議・調停30万円~(税別)
不倫慰謝料20万円~(税別)
報酬金 離婚協議・調停30万円~(税別)
不倫慰謝料20万円~(税別)
備考欄 離婚公正証書の作成や、当事者同士でのお話し合いをサポートするプランなど、ご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

事務所情報

法律事務所エクラうめだ
亀石倫子(大阪弁護士会)
所在地
〒 530-0047
大阪府大阪市北区茶屋町8-21ジオグランデ梅田2502
・「阪急梅田駅」より徒歩3分
・地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩8分
・JR「大阪駅」より徒歩10分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
  • 託児所・キッズルーム
受付時間

・平日:09:30 - 18:00
・土日:10:00 - 18:00
・定休日:祝

※ご予約の受付時間は平日9時30分~18時となりますが、ご相談は18時以降や休日にも対応いたします。
※メールフォームでのお問い合わせ、ご相談のご予約は、24時間受け付けております。

  • 平日可
  • 土日可
2人
1人
https://www.eclat-umeda.com/

法律事務所エクラうめだの取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続
取扱分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続

電話で問い合わせ
050-5347-4468

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間

・平日:09:30 - 18:00
・土日:10:00 - 18:00
・定休日:祝

※ご予約の受付時間は平日9時30分~18時となりますが、ご相談は18時以降や休日にも対応いたします。
※メールフォームでのお問い合わせ、ご相談のご予約は、24時間受け付けております。

  • 平日可
  • 土日可
法律事務所エクラうめだへ問い合わせ
電話番号

050-5347-4468

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ

受付時間

・平日:09:30 - 18:00
・土日:10:00 - 18:00
・定休日:祝

※ご予約の受付時間は平日9時30分~18時となりますが、ご相談は18時以降や休日にも対応いたします。
※メールフォームでのお問い合わせ、ご相談のご予約は、24時間受け付けております。

  • 平日可
  • 土日可

事務所の対応体制

  • 駐車場近く
  • 完全個室で相談
  • 託児所・キッズルーム
法律事務所エクラうめだ