きたあかり法律事務所

北海道 札幌市 中央区南1条西9丁目1番地15 井門札幌S109ビル5階

きたあかり法律事務所の特徴・強み

◆初回相談無料◆西11丁目◆過労死事件に注力◆「生きる」を支える。労働/離婚/男女問題など“家庭のトラブル”の解決を、全力でサポートします!

きたあかり法律事務所は、労働や離婚・男女問題など、家庭のトラブル解決に力を入れています。
アクセスは地下鉄「西11丁目」と市電「西8丁目」からすぐ、完全個室でご相談いただけます。オートロック、キッズスペースありの環境ですので、お子様連れでも安心してお越しください。

どんなお悩みでも、まずはお気軽にご相談ください。

【当事務所の特徴・ポイント】

①個性豊かな2名の弁護士
“ざっくばらん”すぎるくらいに話しやすい、2名の弁護士が全力でサポートいたします。
※男性弁護士、女性弁護士のご希望がございましたら、お気軽にお伝えください。

②どんなお悩みでもおまかせください
労働、離婚・男女問題など、生活に直結するトラブル解決に注力。その他、どのようなお悩みでもまずはご相談ください。

③安心して相談できる環境
オートロック/完全個室/キッズスペースあり。お子様連れでもお気軽に。


【インタビュー】
事務所のみなさまにお話を伺いました

ー島田 度(しまだ わたる)弁護士
ー皆川 洋美(みながわ ひろみ)弁護士

きた人があかるい気持ちになって帰れるように

きたあかり法律事務所

ーー事務所について教えてください。

【島田】2017年、皆川弁護士と二人で「きたあかり法律事務所」を開設しました。事務所名の「きたあかり」には三つの意味があります。

・北(きた)の大地の灯(あか)りとなりたい
・事務所に来(き)た人が明(あか)るい気持ちとなって帰れる事務所にしたい
・キタアカリ、じゃがいものように愚直に真摯に仕事に取り組みたい

事務所のロゴマークもそんな気持ちから作成しました。あなたの悩みに寄り添い、灯りをともす。そんな事務所でありたいと考えています。

【皆川】より便利にご利用いただけるよう、平日夜間や土日相談のニーズにもっとお応えしていきたいので、ゆくゆくはもう少し弁護士のメンバーを増やしたいですね。より手厚いサポートがしたいなと思っています。


単なる“ビジネス”と割り切らずに取り組む理由

ーー労働と離婚・男女問題、特に過労死問題に力を入れている理由は何ですか?

【島田】「生きる」ということ。生活に直結するトラブルだからこそ、私たちは力を入れて取り組んでいます。私たち自身、弁護士となり約10年ほどなので、それぞれライフステージが変わったことも影響しています。結婚、子どもの誕生などを経て、より実感を持って取り組むようになりました。私自身、二児の父でもありますので、親権を争いたい、面会交流をしたいという男性側からのご相談も多く、特に力が入りますね。

【皆川】弁護士が複数名体制で担当する事務所もあるのですが、離婚・男女問題においては、当事務所はあえてそうしていません。人生観や家族観、ライフプランなど複雑に絡み合うトラブルであり、依頼者と弁護士が一対一で理解し合うことがベストだと考えているからです。“生まれ直し”に近い感覚があるからこそ、弁護士一人が最後までサポートするスタイルを取っています。

パートナーとの関係で精神的につらくなってしまった方が受けるカウンセリング、お子さんとの面会交流問題も重要なものと考えています。取り組みの一貫として、アイ・エム・アイ(面会交流サポート事業)の顧問を務め、地域と連携してサポートできる体制を整えています。


地域のみなさまにとって、身近な存在でありたい

きたあかり法律事務所

ーーどんな事務所を目指していますか?

【島田】相談にお越しいただき、実際に話してみると「話しやすかった」「弁護士はおっかないと思ってたけどそんなことないね」と嬉しいお声をいただくことが多いんですよ。だからまず、事務所にお越しいただきたいな、と思います。

【皆川】そのためにも、まずは当事務所について知っていただきたくて、ホームページやSNSを活用しながら積極的に情報発信をしています。ホームページを見ていただけると、事務所の雰囲気が伝わるのではないかな、と思います。

【島田】また、地域とも連携して様々な取り組みを行っています。NPOの理事を務め、その活動に従事したり、社会福祉法人で評議員をしたりしています。また、労働に関する無料電話相談ホットラインに参加したり、労働法カフェ(働き方レクチャーの場)でアドバイスをしたりと、地域密着でみなさまの生活をサポートしています


“ざっくばらんな対応”は強み

ーー依頼者の話を聴くとき、話を引き出す“コツ”はありますか?

【皆川】初回相談で、かなりたくさんメモを取りながら、ものすごく“聴き”ます。
トラブル解決への直接的なヒントになりそうなことも、そうでないことも聴きますが、言いづらそうにしていることは後回し。初対面の人に、自分が不利になる事実は言いづらいものですから。

そうして聴きながらも、私自身はざっくばらんに話してしまうタイプなので、「どうしたいですか?」とズバッと聞いちゃいます。そうすると、意外と率直な答えが返って来るんです。
依頼者の話をよく聴いた上で、ここぞというときにはっきり問いかけることで、早く依頼者の本音を理解でき、よりよい解決策が提示できると思うんですよね。

【島田】私も同じように、たくさん聴きます。まず依頼者と同じ目線に立って、依頼者の人生を心から肯定し、共感します。その上で、弁護士としての目線に戻り、次の一手を考えるんですよ。

依頼者が置かれている現在の状況や希望だけを聴くのでは、不十分だと思うんですよね。よりよい解決策を考える上でも、まず“生き方に共感”してから進めることで、依頼者のことをより深く理解でき、強い信頼関係が築けると思っています。


法律のプロとして

きたあかり法律事務所

ーー弁護士として大事にしていることは何ですか?

【皆川】依頼者の人生観や考え方から、現在の状況、未来について理解してこそ最善の解決策が提示できると思います。そのため、依頼者に寄り添う対応を大事にしています。同時に、物事を客観的にみるために常に第三者として接することも意識しています。

“共感はするけれど同化はしない”というところでしょうか。依頼者に一歩踏み込んで近づき、全てを受け止め理解しつつも、法律家(弁護士)としての目線も確実に持っている。それこそが法律のプロかなと思っています。

【島田】私は、まず依頼者と同じところまで“沈みたい”と思っています。依頼者の気持ちが落ち込んでいたら、落ち込んでいる目線からまず物事を見てみます。

あくまで「第三者としての弁護士」の立場を貫き、浅いところから見下ろすようにアドバイスをするのではなく、同じ深さまで沈み込んで理解した上で、人として、弁護士としてアドバイスをしたいんです。そうすることで、信頼関係も密になると考えています。


“ほんとの想い”の見極めと、ライフプランに沿った解決の重要性

ーーよりよい解決のために大事なことは何ですか?

【皆川】依頼者が何を望んでいるのか。コアなところを見つけることですね。例えば離婚なら、離婚したい、したくないという大きなところから紐解いていくと、実は「離婚したくないのではなく、離婚はしたいけれど生活費に不安があった」ということが見えてきたりします。“ほんとのほんと=コア”のところがわかると、適切なアプローチができるんですよね。

【島田】人生を右上がりの直線だとイメージすると、それを崩してはいけないと思っています。法律トラブルは、その瞬間の人生において大きな出来事となる場合もありますが、一生涯の中では「点」に過ぎないことも。だからこそ、そこを分岐点に人生を描く直線が大きく下がるようなことはあってはならないと思うんですよ。

そのためにも、依頼者が、何をよしとして、何を喜びとしているのか。家族に何を求め、人生で何を重要視して、今まで生きてきたのかを理解することも重要だと考えています。

また、問題が一つひとつクリアになり、整理されていくにしたがって、依頼者自身の考えが変わることもあります。その変化にも向き合いながら、常に最善の解決へ向かっていけるよう伴走します。


お気軽にご相談ください

きたあかり法律事務所

ーー最後に、法律トラブルでお悩みの方へメッセージをお願いします。

【島田】このページを読んでくださり、ありがとうございます。まずは気軽に相談していただきたい。そのメッセージを強く伝えたいです。
何かに押し潰されそうになっている方、ぜひ、お一人で悩まずにご相談にいらしてください。どうせなら、私と一緒に悩みましょう。何かを求めて相談にお越しいただいた以上、必ず、これからの未来につながる解決をします。どうぞお気軽にご相談ください。

【皆川】私は、人の笑顔が大好きで、人を笑顔にしたくて、弁護士になりました。「やることはやる、やるときはやる、やれるだけやる」この精神で、一人ひとりに誠実・丁寧に取り組んでまいります。あなたのいつもの笑顔を取り戻すサポートをさせてください。

トラブルを解決した先に新しい人生が待っています。悩んでいるあなたが扉を叩いてくれるのをお待ちしています。



<ホームページはこちら>
事務所サイト
 LFacebookTwitterでも情報発信しています!

所属弁護士への感謝の声

「感謝の声」とは 「感謝の声」とは、弁護士に実際に対面で相談したり、依頼して解決したりしたご相談者さまから、その弁護士のどういったアドバイスやサポートがトラブル解決に役立ったのかを集めた「口コミ」コンテンツです。きたあかり法律事務所の所属弁護士の実績や評判、人柄を知るのにお役立てください。

2名の所属弁護士に感謝の声が届いています。

島田 度弁護士への感謝の声

50代 男性

依頼 労働問題 2010年9月に解決

不当解雇を受けて団体交渉を繰り返してきましたが決着することが出来ず、裁判に移行することにしました。ただ、生活費の確保のために一旦、地位保全仮処分申請を行うことになりました。その間、賃金の未払いについても調査をして頂き、そちらについても戦っていくことになりました。結果としては、仮処分申請にて和解となりましたが、いろいろ判らないことをサポートして頂き、また費用も非常に良心的に設定して頂きましたので大変感謝しております。

相談した出来事
会社から不当解雇を受けた。団体交渉をしたが解決しなかったので地位保全仮処分申請を行い、その中で和解となった。
解決方法
その他

皆川 洋美弁護士への感謝の声

30代 女性

依頼 労働問題 2018年4月に解決

入社したばかりで不当解雇をうけ、他に採用が決まっていた会社も断った矢先の出来事で本当に困り果て先生に相談しました。相談時に出来る限りの証拠を集めて行き、その場で受任していただきました。

お金の問題もありましたが、相手方と自分で対応する事が難しいと感じていましたので、先生に窓口になっていただけてとても安心できました。

訴訟となり、先生の粘り強い対応で和解し解決金の支払いをしてもらうことができました。

先生のおかげで相手方と直接やり取りする事も顔を合わせる事もほぼなく、嫌な思いをすることなく過ごせました。

先生にはこれ以外に他の件でもお世話になり最終的には数年間面倒を見ていただきました。

こちらのどんな質問にも真摯に答えてくださる信用出来る先生です。
本当にお世話になりました!ありがとうございました!

相談した出来事
入社した会社から不当解雇を受け法テラスから紹介されて相談しました。
受任から示談交渉、労働審判訴訟など先生にはお世話になり、相手方とは現在は和解し、解決金を支払ってもらっています。
解決方法
裁判・審判
  • 不当解雇

所属弁護士の法律相談回答一覧

不動産の売買契約書や現地調査等の代行業務について 2018年09月10日

不動産の売買契約書や重要事項説明書及び物件の現地調査、役所調査等の代行を行い料金を徴収する場合は 行政書士の資格が必要なのですか?インターネット上では行政書士資格がない人でも同業務を行っています。 これは、違法ですか?行政書士法1条の2に記載されているのはあくまでも業であって同書士資格ないもの...

行政書士法第19条に、「行政書士又は行政書士法人でない者は、業として第一条の二に規定する業務を行うことができない。」とされています。 この「業」というものの理解として、ご存知かもしれませんが、弁護士法の非弁に関していえば、反復継続の意思を持って行うことをいい、一度の行為であっても反復継続意思があればこの要件を充足しますし、特定の設備を設けることも、営利性も...

皆川 洋美弁護士

皆川 洋美弁護士

親族相盗例について質問します 2018年09月10日

親族相盗例により、刑罰を免除する特例があるとのことですが、 これは警察がその犯罪の被害届などを受理しないということですか? それとも、その犯罪の被害届などを受理はするがそれ以降の捜査や起訴などをしないということなですか?

一般的な話になりますが、「刑罰を免除する」ということは、捜査などはしますし、起訴して公判も開けるはずですが、その公判で出された判決による刑罰を免除される、ということになります。 なので、被害届の受理まではするはずです。 しかし、結局刑罰が免除されることがわかっている以上、捜査機関も被害届の受理には通常よりも消極的になり、「どうせ処罰できないから」とい...

皆川 洋美弁護士

皆川 洋美弁護士

労災の慰謝料や後遺障害について 2018年08月24日

先日Wワーク先の派遣の1日だけの仕事をしました。重労働の仕事で腰を痛めてしまいました。はじめは派遣元が労災におうじませんでしたがやっと応じてくれました。今後通院が長引いた時後遺障害と慰謝料はいただけますか。痛くて辛い為相談しました。よろしくお願いします。

後遺障害が残れば、後遺障害の程度に応じた労災からの補償が受け取れる可能性があります。 後遺障害が残らなかったとしても、完治するまでの間に、医師の指示によって休業が必要となった期間の休業補償なども受け取れますので、医師とも相談したほうがいいと思います。 慰謝料は、労災とは別に派遣元などに対して請求するほかありません。 そのためには、派遣元などが安全配...

皆川 洋美弁護士

皆川 洋美弁護士

回答した質問数

10

ベストアンサー

5 / 10質問

総回答数

10
実名回答 10 匿名回答 0

ありがとう

7 / 10回答

きたあかり法律事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 労働
  • 債権回収
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 税務訴訟
  • 国際・外国人問題
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

きたあかり法律事務所の所属弁護士

弁護士ドットコム登録弁護士数2

事務所概要

きたあかり法律事務所
島田 度(札幌弁護士会)
所在地
〒 060-0061
北海道 札幌市 中央区南1条西9丁目1番地15 井門札幌S109ビル5階
地下鉄東西線「西11丁目駅」徒歩5分
札幌市電「西8丁目」徒歩2分
交通アクセス
  • 駐車場あり
設備
  • 完全個室で相談
  • 託児所・キッズルーム
  • バリアフリー
受付時間

平日9:15〜17:00
※平日夜間/土日祝のご相談は要予約

  • 平日可
  • 土日可
  • 祝祭日可
  • 24時間対応
2人
2人
https://kitaakari-law.com/

離婚・男女問題

◆西11丁目◆解決実績300件以上◆キッズスペースあり◆これからのライフプランを見据えた、最善の解決策をご提案!まずは“ざっくばらん”に話しませんか?

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 分割払いあり

きたあかり法律事務所は、地下鉄「西11丁目」と市電「西8丁目」からすぐ、完全個室の環境でご相談いただける事務所です。オートロック、キッズスペースありと、お子様連れでも安心してお越しいただけます。

どんなお悩みでも、まずはお気軽にご相談ください。あなたの人生に向き合う弁護士が、全力でサポートいたします。

【当事務所の特徴・ポイント】

①個性豊かな2名の弁護士
話しやすさに定評あり。2名の弁護士が全力でサポートいたします。
※男性弁護士、女性弁護士のご希望がございましたら、お気軽にお伝えください。

②どんなお悩みでもおまかせください
300件以上の解決実績。親権/面会交流/慰謝料請求などあらゆるご相談にご対応可能。

③安心して相談できる環境
オートロック/完全個室/キッズスペースあり。お子様連れでもお気軽に。


【インタビュー】
事務所のみなさまにお話を伺いました

ー島田 度(しまだ わたる)弁護士
ー皆川 洋美(みながわ ひろみ)弁護士

男女弁護士2名体制、300件以上の解決実績

きたあかり法律事務所

ーー離婚・男女問題のご相談実績を教えてください。

【島田】私たちは、離婚・男女問題、また家族をめぐる問題(慰謝料請求、認知など)を300件以上解決してきました。具体的には、離婚自体を争うケースや、離婚原因が問題となるケース、子供のいる離婚、生活費請求など。本当に様々なシーンでご相談をお受けしてきたので、知識と経験には自信があります。どのようなお悩みでも、安心してご相談ください。


相談しやすい環境づくり

ーーお子様連れでのご相談も多いですか?

【皆川】はい。ときには赤ちゃんを連れて相談に来る方もいらっしゃいます。そのため、三つの相談室のうち一つは、靴を脱いで上がれるキッズスペースを兼ねています。お子様が寝転がっても大丈夫なように、柔らかな床材などを使用して工夫しました。

【島田】設備の工夫はもちろん、料金体系や営業時間も柔軟に対応しています。初回相談料を無料とするだけでなく、初期費用を用意することが難しい場合は、分割払いも可能です。また、平日の日中にご相談することが難しい方のライフスタイルに合わせて、平日夜間や土日のご相談もご予約を受け付けています。


法律事務所に来るときの“ドキドキ”は最低限でいい

きたあかり法律事務所

ーーホームページも明るいイメージで、とても身近な雰囲気ですね。

【島田】あちこちで「弁護士は敷居が高い」と言われるたびに、そんなことはないのにな、その“敷居”とやらはどこにあるのかな、と思っていました。まずは少しでも私たちのことを知っていただきたいと、ホームページやSNSを活用して、積極的に情報発信をしています。

【皆川】離婚のご相談の場合、お子様連れの女性の方も多いので、特に緊張していらっしゃる方が多いです。緊張感を少しでもやわらげるために、初回の相談ではジャケットを着ないと决めています。ドキドキしている方を更にドキドキさせる必要はないと思うんですよね。過度な緊張感は、できるだけ取り除きたいです。


信頼関係を築く糸口は、初回相談にあり

ーー依頼者の話を聴くとき、話を引き出す“コツ”はありますか?

【皆川】初回相談で、かなりたくさんメモを取りながら、ものすごく“聴き”ます。
トラブル解決への直接的なヒントになりそうなことも、そうでないことも聴きますが、言いづらそうにしていることは後回し。初対面の人に、自分が不利になるかもしれない事実は言いづらいものですから。

そうして聴きながらも、私自身はざっくばらんに話してしまうタイプなので、「どうしたいですか?」とズバッと聞いちゃいます。そうすると、意外と率直な答えが返って来るんです。
依頼者の話をよく聴いた上で、ここぞ!というときにはっきり問いかけることで、早く依頼者の本音を理解でき、よりよい解決策が提示できると思うんですよね。

また、弁護士に依頼するということは、人生に何度もあることではないので、「いろんな事務所に行って話を聞いてみていいんですよ」とお伝えしています。ご相談いただいたからといって、無理に依頼を迫るようなこともありませんので、ご安心ください。

きたあかり法律事務所 【島田】私は、まず依頼者と同じ目線に立って、依頼者の人生(身を粉にして働いてきたこと=家族のための努力)を心から肯定し、共感します。その上で、弁護士としての目線に戻り、次の一手を考えるんですよ。

例えば、親権を争っている父親の依頼者のかた。家族のために身を粉にして働いてきたけれど、子供の世話をしていたかどうか、という点では貢献できていなかった。土日に公園に連れて行ったことも数えるくらいしかない……。

上記のケースの場合、親権を争う上では不利だとしても、そうであれば、いかに面会交流でその想いを実現するかが重要となります。解決策を考える上でも、まず今までの生き方に“共感”してから進めることで、依頼者のことをより深く理解でき、強い信頼関係が築けると思っています。


“ほんとの想い”の見極めと、ライフプランに沿った解決の重要性

きたあかり法律事務所

ーーよりよい解決のために大事なことは何ですか?

【皆川】依頼者が何を望んでいるのか。コアなところを見つけることですね。離婚したい、したくないという大きなところから紐解いていくと、実は「離婚したくないのではなく、離婚はしたいけれど生活費に不安があった」ということが見えてきたりします。“ほんとのほんと=コア”のところがわかると、適切なアプローチができるんですよね。

【島田】人生を右上がりの直線だとイメージすると、それを崩してはいけないと思っています。「離婚」や「男女問題」というのは大きな出来事ではありますが、一生涯の中では「点」に過ぎないことも。だからこそ、そこを分岐点に人生を描く直線が大きく下がるようなことはあってはならないと思うんですよ。
そのためにも、依頼者が、何をよしとして、何を喜びとしているのか。家族に何を求め、人生で何を重要視して、今まで生きてきたのかを理解することも重要だと考えています。

また、問題が一つひとつクリアになり、整理されていくにしたがって、依頼者自身の考えが変わることもあります。その変化にも向き合いながら、常に最善の解決へ向かっていけるよう伴走します。


今進まなければ、1年後もきっと悩んだままだから

きたあかり法律事務所

ーー最後に、離婚・男女問題でお悩みの方へメッセージをお願いします。

【島田】このページを読んでくださり、ありがとうございます。まずは気軽に相談していただきたい。そのメッセージを強く伝えたいです。

また、誤解を恐れずに言えば、一度は愛し合った相手も、世界中の男と女のうちの“一人”なんですよ。今を乗り越えて、新たな未来が始まった先に、違うかたちの幸せが待っているはずです。そのとき一緒にいる相手は、新たに巡りあえた“一人”かもしれないんです。

現状を打破する何かを求めて相談にお越しいただいた以上、必ず、これからの未来につながる解決をします。

【皆川】正直、弁護士に相談しようと思っている状況で、“ラブラブ”に戻るのは難しいことが多いです。でも、いかに円満に別れるか、未来につながる解決をするかを考えて、あなたの再スタートを後押しすることはできます。

普通の悩みなら、1年後は忘れているはず。でも、離婚・男女問題の悩みは、今進まなければ、きっと1年後も悩んだままなんです。
私たちは、あなたの全てに向き合い、最善の解決策をご提案します。どうぞお気軽にお問い合わせください。



<ホームページはこちら>
事務所サイト
 LFacebookTwitterでも情報発信しています!

離婚・男女問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回:1時間無料
2回目以降:1時間あたり5,000円(税別)
離婚(協議・調停) ■着手金:20〜30万円(税別)

■報酬:10〜20万円(税別)(離婚が認められた場合)
慰謝料、財産分与等により経済的利益を得ることが見込める場合は、得られる経済的利益の10~20%の範囲で成功報酬を設定させていただく場合があります。
※札幌家裁の調停期日への弁護士の出頭については、日当は発生しません。
離婚(訴訟) ■着手金:20〜30万円(税別)
ただし、調停から続いて受任している場合は、上記調停離婚の着手金に10万円を上限として加算させていただきます。

■報酬:10〜20万円(税別)(離婚が認められた場合)
慰謝料、財産分与等により経済的利益を得ることが見込める場合は、得られる経済的利益の10~20%の範囲で成功報酬を設定させていただく場合があります。
※札幌家裁の調停期日への弁護士の出頭については、日当は発生しません。
婚姻費用・養育費・親権・面会交流(調停) ■着手金:20〜30万円(税別)

■報酬:相当額(委任の目的が達成された場合)

離婚事件をご依頼いただいている場合において、それに付随する問題としてこれらの件についてご依頼いただく場合は、原則として追加の弁護士費用はいただきません。
婚姻費用・養育費・親権・面会交流(審判) ■着手金:20〜30万円(税別)
ただし、調停から続いて受任している場合は、上記調停離婚の着手金に10万円(税別)を上限として加算させていただきます。

■報酬:相当額(委任の目的が達成された場合)

■日当
面会交流の立ち合い業務については、立会に要する時間に応じて、当事務所の報酬基準に準拠した日当をお支払いいただきます。
DV事件(接近禁止の仮処分・保護命令申立事件等) ■着手金:20〜30万円(税別)

■報酬:10〜20万円(税別)(委任の目的が達成された場合)
備考 詳細はホームページをご覧いただくか、弁護士にお問い合わせください。
https://kitaakari-law.com/expenses/

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回:1時間無料
2回目以降:1時間あたり5,000円(税別)
離婚(協議・調停) ■着手金:20〜30万円(税別)

■報酬:10〜20万円(税別)(離婚が認められた場合)
慰謝料、財産分与等により経済的利益を得ることが見込める場合は、得られる経済的利益の10~20%の範囲で成功報酬を設定させていただく場合があります。
※札幌家裁の調停期日への弁護士の出頭については、日当は発生しません。
離婚(訴訟) ■着手金:20〜30万円(税別)
ただし、調停から続いて受任している場合は、上記調停離婚の着手金に10万円を上限として加算させていただきます。

■報酬:10〜20万円(税別)(離婚が認められた場合)
慰謝料、財産分与等により経済的利益を得ることが見込める場合は、得られる経済的利益の10~20%の範囲で成功報酬を設定させていただく場合があります。
※札幌家裁の調停期日への弁護士の出頭については、日当は発生しません。
婚姻費用・養育費・親権・面会交流(調停) ■着手金:20〜30万円(税別)

■報酬:相当額(委任の目的が達成された場合)

離婚事件をご依頼いただいている場合において、それに付随する問題としてこれらの件についてご依頼いただく場合は、原則として追加の弁護士費用はいただきません。
婚姻費用・養育費・親権・面会交流(審判) ■着手金:20〜30万円(税別)
ただし、調停から続いて受任している場合は、上記調停離婚の着手金に10万円(税別)を上限として加算させていただきます。

■報酬:相当額(委任の目的が達成された場合)

■日当
面会交流の立ち合い業務については、立会に要する時間に応じて、当事務所の報酬基準に準拠した日当をお支払いいただきます。
DV事件(接近禁止の仮処分・保護命令申立事件等) ■着手金:20〜30万円(税別)

■報酬:10〜20万円(税別)(委任の目的が達成された場合)
備考 詳細はホームページをご覧いただくか、弁護士にお問い合わせください。
https://kitaakari-law.com/expenses/

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

事務所情報

きたあかり法律事務所
島田 度(札幌弁護士会)
所在地
〒 060-0061
北海道 札幌市 中央区南1条西9丁目1番地15 井門札幌S109ビル5階
地下鉄東西線「西11丁目駅」徒歩5分
札幌市電「西8丁目」徒歩2分
交通アクセス
  • 駐車場あり
設備
  • 完全個室で相談
  • 託児所・キッズルーム
  • バリアフリー
受付時間

平日9:15〜17:00
※平日夜間/土日祝のご相談は要予約

  • 平日可
  • 土日可
  • 祝祭日可
  • 24時間対応
2人
2人
https://kitaakari-law.com/

きたあかり法律事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 労働
  • 債権回収
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 税務訴訟
  • 国際・外国人問題
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5355-2479

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間

平日9:15〜17:00
※平日夜間/土日祝のご相談は要予約

  • 平日可
  • 土日可
  • 祝祭日可
  • 24時間対応

きたあかり法律事務所へ問い合わせ

電話番号

050-5355-2479

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ

受付時間

平日9:15〜17:00
※平日夜間/土日祝のご相談は要予約

  • 平日可
  • 土日可
  • 祝祭日可
  • 24時間対応

事務所の対応体制

  • 駐車場あり
  • 完全個室で相談
  • 託児所・キッズルーム
  • バリアフリー