弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

千瑞穂法律事務所

広島県広島市中区鉄砲町1-20第3ウエノヤビル7階

千瑞穂法律事務所の特徴・強み

◆初回相談無料◆女学院前電停/徒歩1分◆「個」ではなく「組織」として、最善のサポートを。知識と経験を持ち寄って、あなたを全力で支えます!

【当事務所のポイント・特徴】
①得意分野の異なる弁護士が協力し、最善の解決策をご提案します
②女性弁護士が在籍。特に「離婚」や「交通事故」はお任せください
③企業勤務経験を活かし、弁護士の常識はまず疑う。あなたと同じ目線で考えます

千瑞穂法律事務所は、企業・個人を問わずご相談いただける事務所です。企業法務だけでなく、個人のお客様からは相続や離婚、交通事故や不動産関係のご相談を中心にお受けしています。

どうぞお気軽にご相談ください。

弁護士ドットコム事務所訪問記
事務所のみなさまにお話を伺いました

・共同代表:加藤 健一郎(かとう けんいちろう)弁護士
・共同代表:守永 将大(もりなが しょうた)弁護士

学生時代から続く共同代表の絆

(左:加藤弁護士/右:守永弁護士)

(ー守永弁護士)
当事務所は、もともとは企業のお客様が多かったので、個人のお客様に向けた事務所の理念やポリシーは正直まだありません。まさに今、一生懸命考えているところです。ないものをあると言いたくないので割愛しますが、一人ひとりの弁護士が、依頼者のみなさまに寄り添いながら最善の解決策を考える、そんな事務所です。

加藤と私は、二人で共同代表を務めています。もともと私は銀行員、加藤は裁判所の職員(公務員)として3年ほど働いていたのですが、機を同じくして司法試験を目指すことになりました。ロースクールで共に勉強し、何気なく話していた「いつか一緒に事務所を立ち上げられたらいいね」という想いが設立のきっかけです。


裁判所のなかで、弁護士だけが違って見えた

(ー加藤弁護士)
裁判所の職員として検察官、裁判官、弁護士に接していたとき、弁護士だけは言いたいことや思ったことをそのまま実行できているように感じました。誰かのために全面的に成り代わって動けるのは、弁護士だけだなと感じたんです。

「依頼者を全力で守る」……検察官も裁判官もそういう思いで仕事をしているとは思うのですが、基本的にはポーカーフェイス。当時の自分には、情熱を“全面“に出している弁護士がとても魅力的に見えたんですよね。


得意分野を活かし、幅広いご相談をお受けする

(ー守永弁護士)
当事務所は、複数の弁護士がまんべんなくいろんな分野のご相談をお受けしているものの、私なら不動産と企業法務、加藤なら人事・労務問題と企業法務、井上なら交通事故や離婚、小野なら相続や交通事故、企業法務などと、それぞれがメインで担当する分野があります。近年は、相続にも力を入れていますね。

特に井上は女性弁護士として、女性の「女性に依頼したい」というニーズに答えるべく、本当に多くの交通事故や離婚のご相談をお受けしています。これも複数弁護士がいるメリットですね。


家族を中心にした、他士業との深いつながりが強み

(ー加藤弁護士)
大阪には私のいとこたちが経営する事務所があり、税理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士がそろっています。まるで「内線」のように頻繁に電話のやりとりをしていますね……(笑)。

弁護士ではなく他士業のかたに聞かないと詳しくわからないことって、どうしてもあるんです。登記については司法書士、労働局や行政の対応は社労士、税に関しては税理士、に聞くのが一番早いですから。

父も元裁判官なので、時には「裁判官が着目するポイント」や、実務面で具体的なアドバイスを求めることもありますね。もちろん弁護士と同様に裁判官も人それぞれ違うので、あくまで参考程度ではありますが、裁判に関することを一番詳しい人に聞けるので、情報はとてもタイムリーですね。


企業勤務経験を活かし、弁護士の常識にとらわれない

(ー守永弁護士)
必ずしも弁護士のルール・基準だけで物事を考えないようにしています。私も加藤も企業勤務経験があるので、「弁護士業のルールと他の業界のルール」のずれを感じることが時々あったんですよ。

例えば時間。“弁護士時間”といわれるくらい、遅刻が当たり前な風習があるんですよね。17時に始まるはずの会議、20人の出席者のうち時間どおりに来たのは3人だけとか(笑)。極端な例とはいえ、依頼者と感覚を合わせることが信頼の前提にあることは間違いないので、時間を守ることはとても大事だと考えています。


一拍“待つ”から、相談しやすい弁護士でいられる

(ー守永弁護士)
依頼者も含めた周りのかたからは、「弁護士にしては柔らかい」「腰が低い」「相談しやすい」と本当によく言っていただきます。人当たりが良い、と言われることもあります。嬉しいお言葉なのですが、自分たちとしては自然に接しているだけなんですよ。

何か意識していることがあるとすれば、「依頼者のお話をきちんと聴く」というところでしょうか。他の弁護士と一緒に仕事をすると、話し終わる前に先に結論を言ってしまったり、とにかく話を遮る人が多いイメージなんですよね。先にゴールが見えてしまって、伝えたい一心なんでしょうけど、そこは一拍“待つ”ことを大切にしています。


一人より二人、二人より大勢

(左上:小野弁護士/左下:井上弁護士/右上:加藤弁護士/右下:守永弁護士)

(ー加藤弁護士)
検察庁も裁判所も組織なのに、弁護士はあくまで「個」なんですよ。元裁判所職員としては、“複数人対一人”で戦わなければならない状況を、ある意味ずるいなと思っていました。組織にも対抗できるように、弁護士も組織立っていく必要があるんじゃないかと。

弁護士の人数を増やして、事務所という単位の組織を大きくしていけば、弁護士それぞれが持つ知識や経験が集まります。実際に、当事務所では複数の弁護士が集まっているので、弁護士同士がすぐに相談できる環境です。たとえわからないことがあってもお互いに補完できますし、結果的に安定的で質の高い法的サービスにつながっています。だから、人を増やしたり、働きやすい環境を整えたりすることで、職場環境をさらによくしていきたいですね。


事務員は「適性検査」をパスしたプロフェッショナル

(ー守永弁護士)
私は、職場環境がよくないと、電話対応なども含め良い接客はできないと思うんですよね。だから「超」がつくほどのホワイト企業のような環境がつくれている自信はあります(笑)。事務員には女性が多いですが、お子さんの学校行事などのときは気軽に休める環境です。

一方で、事務員の印象が依頼者にとっての「事務所のイメージ」となることも多いので、採用するときは「普通そこまでしない」というくらいに手間をかけています。履歴書は手書き、適性検査をして、ストレス耐性を見て、面接をして、接客対応と電話対応のシュミレーションまでするんです。それほどまでに選りすぐったみなさんなので、実際に他の事務所や行政からの評判も高いんですよ。


一人ひとりの「生き方」に向き合います

私たちは、あなたの手を強く引くことはしません。弁護士として、法的な側面からアドバイスをしながら寄り添い、お話を聴きますが、あくまで最終的な決断はあなたご自身がするもの。決断をした5年後、10年後にならないと、「何が最善だったのか」わからないからです。未来は変わるかもしれないけれど、今この時に、自分の未来を真剣に考えたうえで決断していただくことが、大事だと思っています

どのように考えて、どのように生きたいのか。一緒に考えてみませんか。
お悩みのこと、不安なこと、どうぞお気軽にご相談ください。

所属弁護士の法律相談回答一覧

妻が期間限定でパートしてます 2017年08月08日

簡単な軽作業なのですが、紐の結び方がちょっと変わっていて、何回聞いても覚えられません。するとパート先の上司が、自分にこの仕事あってるか考えて下さいと、辞めさせるような発言をしました。仕事の期間は7月中旬から10月上旬までです。この場合仕事を辞めなくちゃならないなったら、1ヶ月分の賃金とかを請求で...

 労働基準法20条1項は,「使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも三十日前にその予告をしなければならない。三十日前に予告をしない使用者は、三十日分以上の平均賃金を支払わなければならない。」と定めています。そこで,本件でも解雇された場合には,30日分の平均賃金を請求できる可能性はあります。  もっとも,同法21条は,「季節的業務に四箇月以...

加藤 健一郎弁護士

加藤 健一郎弁護士

社有車で従業員が起こした自損事故の修理費について 2017年07月25日

(簡潔な状況を記載します) 3週間前に従業員が仕事中に自社の車で単独事故を起こし、車の修理費が40万円かかります。 従業員の話では車の運転中にアクセルが戻らなくなり、ハンドル操作ができなく事故を起こしたとの事でした。ですが車のメーカーに説明をして調査をしてもらいましたが、異常が見当たらないと...

 説明の便宜上,①車の修理費を誰がどれだけ負担しなければならないか,②従業員が負担すべき場合に給料から差し引くことができるか,③今後の対応に分けてお答えします。 ①について  従業員が交通事故などを起こして損害を生じさせた場合,当該従業員が損害賠償責任を負うのはもちろんですが(民法709条),その事故が「事業の執行について」発生した場合(典型的には勤務中の...

小野 賢司弁護士

小野 賢司弁護士

店舗の賃借人より名義変更を頼まれた:注意すべき点は何か 2017年06月13日

賃借人より名義変更を依頼されました。 ・ このような場合は、本来はどのような手続きをするべきなのか。 ・ 注意すべき点等 をご教示いただきたくお願い致します。 詳細: 店舗を賃貸しています。 契約者Y氏より、3月に契約したばかりなのに、賃借人名義の変更依頼がありました。 現行は、賃借人が法...

〈質問1に対して〉  賃貸人の側で賃借人名義の変更に応じる法的な義務は本来ありません。  もっとも、法人が解散した場合でも、賃貸借契約は当然には消滅せず、清算人が賃貸借契約を含め、法人の財産関係の整理を行うことになります。清算手続きが終了した時点で法人は消滅しますので、賃貸借契約がその時点以降も継続することは考えられません。  そこで、こうしたことを前...

守永 将大弁護士

守永 将大弁護士

回答した質問数

7

ベストアンサー

1 / 7質問

総回答数

7
実名回答 7 匿名回答 0

ありがとう

4 / 7回答

千瑞穂法律事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 税務訴訟
  • 知的財産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

千瑞穂法律事務所の所属弁護士

弁護士ドットコム登録弁護士数5

事務所概要

千瑞穂法律事務所
加藤 健一郎/守永 将大(広島弁護士会)
所在地
〒 730-0017
広島県広島市中区鉄砲町1-20第3ウエノヤビル7階
広電白島線「女学院前電停」徒歩1分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
受付時間

平日9:00〜22:00
※土日祝のご相談も対応していますので、個別にご相談ください。
※メールは24時間予約受付中。

  • 平日可
  • 24時間対応
5人
7人
https://www.sennomizuho.jp/

相続

◆生前対策・認知症対策に“家族信託”をご提案!◆初回相談無料◆女学院前電停(広島電鉄)徒歩1分◆明るい未来のために「争わない相続」をサポートします。
  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【当事務所のポイント・特徴】
①“家族信託”の制度を利用して、想いを実現するご提案。
②他士業と密に連携した、総合的なアドバイス。
③企業勤務経験のある弁護士が、中小企業経営者・個人事業主の相続もサポート!
④得意分野の異なる弁護士が協力し、最善の解決策をめざします。
⑤「未来を切り拓く法律事務所」として、あなたの未来を応援します。

千瑞穂法律事務所は、“家族信託”の制度を積極的に利用し、争わない相続をご提案します。
ご本人の意思を尊重し、ご家族の皆さまにとってもよりよい未来が切り拓けるように、スタッフ一同、力を合わせてサポートいたします。

弁護士ドットコム事務所訪問記
事務所のみなさまにお話を伺いました

・共同代表:加藤 健一郎(かとう けんいちろう)弁護士
・共同代表:守永 将大(もりなが しょうた)弁護士

“家族信託”を利用して、想いをかなえる相続を

加藤弁護士と守永弁護士 (ー加藤弁護士)

2007年、信託法の改正により、日本でも“家族信託”という制度が活用できるようになりました。従来の遺言書や任意後見制度では実現できなかった、より自由な財産の活用・承継を可能にするものです。
家族信託は、新たな可能性を実現する制度にもかかわらず、法律の改正から10年以上がたった今でも、積極的に提案をする法律家は多くありません。万が一、家族信託が原因でトラブルが起こってしまったとき、対応するためのノウハウが十分に蓄積されていないからです。


しかし、トラブルが起こってしまったとしても、弁護士であれば紛争処理まで一貫したサポートが可能です。契約を作成するノウハウも豊富なので、あらかじめ争いを予防することを意識した信託契約書も作成できます。
あなたの相続で、大切なご家族が争わないように、財産を活かし引き継ぐにあたって「何を大切にしたいのか」、一緒に考えてみませんか?


誰もが発症しうる「認知症」に備えて

(ー守永弁護士)

高齢化が進み続ける日本では、4人に1人が認知症になるリスクがあるといわれています。認知症対策は、誰にとっても必要な準備となりつつあるのです。


認知症対策として利用されることの多い「任意後見制度」では、原則としてご本人の財産を“守るため”にしか財産を使うことができません。一方で、家族信託の制度を利用すると、認知症になる前に細かくお金の活用方法を設定し、委託しておくことができるので、資産をより有効に運用することが可能です。


わかりやすく、安心な4つのサポートプラン

相談室 (ー加藤弁護士)

ただ、家族信託のシステムは、決してわかりやすいとは言えません。そのため、当事務所では家族信託のサポートプランを4つにまとめることで、できるかぎりお客様にとってわかりやすいご説明を心がけています。


プランは、「認知症対策の信託」、「共有不動産を運用する信託」、「家督相続を実現する信託」、「障害を持つ子どもの介護に備える信託」の4つ。
「どのプランに当てはまるかわからない」という方も、初回相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。まずは、現状とご希望をじっくりと聞かせていただき、適切なプランをご提案いたします。


中小企業、個人事業主の皆さまも

(ー守永弁護士)

家族信託は、中小企業の経営者や個人事業主の相続(事業承継)にも利用することが可能です。
中小企業においては、経営者に複数人の子どもがいたとしても、会社に関与している子どもは一人だけ、ということも多くあります。
そのような場合も、家族信託を活用することで、財産は子ども全員に分け、会社の経営に関することは後継者にだけ相続する、という方法もとることができ、スムーズな相続(事業承継)が実現できます。


広島県にある企業の99%以上は、中小企業です。私自身、民間企業での勤務経験がありますので、皆さまと同じ目線で、企業の相続(事業承継)についてもアドバイスしてまいります。


他士業との連携を生かした総合的なアドバイス

スタッフ集合写真 (ー加藤弁護士)

生前対策や相続の問題については、様々な専門家の関与が必要と考えています。
例えば、弁護士は「紛争の予防や解決」という面での知識・経験は豊富ですが、「相続税対策」の面での視点が不足しがちです。また、税理士が節税目的のみを考えた対策を考えると、後日、親族間での紛争に発展してしまったりします。
ある一面から物事を考えてしまうと、相続で失敗してしまうケースが少なくありません。


当事務所には、私の親族である税理士、司法書士、社労士がクループ内で揃っているので、さまざまな専門家の意見を取り入れたご提案が可能です。彼らとは、まるで「内線」で話すかのようにスピーディなやりとりをしています(笑)。


父も元裁判官であり、現在は公証人として、家族信託に関する多くの案件にも携わっています。来年早々には、当事務所に合流する予定ですので、さらに強力な体制でお客様をサポートしてまいります。


スタッフ一丸となって全力のサポートを

(ー守永弁護士)

お客様からは、「弁護士にしては柔らかい」「腰が低い」「相談しやすい」と、本当によく言っていただきます。また、当事務所の事務員も、お客様や他の事務所、裁判所などから「対応が良い」といったお褒めの言葉をいただくこともあります。
担当の弁護士だけではなく、事務員も含めたスタッフ全員で、あなたの相続をしっかりサポートいたします。


争わない相続で、明るい未来へ

明るい未来のイメージ

当事務所は、当事務所にかかわるすべての人にとって「明るい未来を切り拓く場所でありたい」と考えています。ご本人の意思を尊重し、ご本人だけではなく、ご家族の未来も明るいものであってほしい。その一つの方法として、家族信託をご提案したいのです。
生前対策が間に合わず、相続が発生してしまった後であったとしても、少しでも円満に解決できるようにサポートいたします。


私たちは、あえてあなたの手を強く引くことはいたしません。弁護士として、法的なアドバイスをしながら寄り添い、お話を聴きますが、あくまで最終的な決断はあなたご自身がするものだと考えています。
決断をした5年後、10年後にならないと「何が最善だったのか」は、わかりません。未来は変わるかもしれません。しかし、今この時に、ご自身の未来、ご家族の未来を真剣に考えたうえで決断することが、何よりも大切なのではないでしょうか。当事務所は、そのような決断を行うために必要な情報提供やアドバイス等をさせていただきます。
「争わない相続」をご希望でしたら、ぜひ当事務所へご相談ください。


相続の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料
以後は、30分5,000円
その他 案件に応じて、柔軟に対応させていただきますので、まずはご相談ください。

相続の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料
以後は、30分5,000円
その他 案件に応じて、柔軟に対応させていただきますので、まずはご相談ください。

事務所情報

千瑞穂法律事務所
加藤 健一郎/守永 将大(広島弁護士会)
所在地
〒 730-0017
広島県広島市中区鉄砲町1-20第3ウエノヤビル7階
広電白島線「女学院前電停」徒歩1分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
受付時間

平日9:00〜22:00
※土日祝のご相談も対応していますので、個別にご相談ください。
※メールは24時間予約受付中。

  • 平日可
  • 24時間対応
5人
7人
https://www.sennomizuho.jp/

千瑞穂法律事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 税務訴訟
  • 知的財産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5347-4518

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間

平日9:00〜22:00
※土日祝のご相談も対応していますので、個別にご相談ください。
※メールは24時間予約受付中。

  • 平日可
  • 24時間対応
千瑞穂法律事務所へ問い合わせ
電話番号

050-5347-4518

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ

受付時間

平日9:00〜22:00
※土日祝のご相談も対応していますので、個別にご相談ください。
※メールは24時間予約受付中。

  • 平日可
  • 24時間対応

事務所の対応体制

  • 駐車場近く
  • 完全個室で相談
千瑞穂法律事務所