現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

田中法律事務所

広島県 広島市中区上八丁堀7-10 HSビル3階

田中法律事務所の特徴・強み

【土日祝日も深夜24時まで直通電話で連絡可能】【マンツーマンでの親身な対応】【個人から企業法務まで幅広く対応】フットワークの軽さを生かして、急なご依頼にも迅速に対応。不利な立場に置かれた方であっても、さまざまな角度からお話を伺い、状況を分析して解決策を探ります

<沖田篤史弁護士(田中法律事務所)の3つの特徴>
①個人携帯電話で深夜24時までご連絡に対応しています
②法律的な側面だけで判断することなく、ご依頼者の置かれた状況に寄り添ってより良い解決を目指します
③逮捕後、不起訴となったご依頼者のアフターケアに注力。その後の生活にも寄り添っています

夜間に急なトラブルに巻き込まれたときや、相談に訪れたくてもなかなか時間が取れなくて困っている。そうした方にも弁護士としてできる限り力を尽くしていきたいという思いで、平日はもちろん土日祝日も深夜24時までご連絡に対応しています。

事務所組織の枠にとらわれず、自らの判断で自由に動きを取れるのが個人で活動する弁護士としての強み。法律的な側面だけで判断することなく、一人ひとりの依頼者の方が置かれた困難な状況について、まずは時間をかけて丁寧にお話を伺い、粘り強く交渉を進めていきます。

______________________________________________________________________________
<沖田篤史弁護士は、企業法務にも注力>
企業活動を行うにあたっては、様々な問題が発生します。
企業に対しても、マンツーマンで親身に対応し、急なご依頼にも迅速に対応します。
地元経済団体に所属し、中小企業に顔が広く、企業法務に関しても、
一時の損得だけではなく、会社の利益を考え、最善の解決方法をご提示します。
______________________________________________________________________________

【インタビュー】
沖田篤史(おきた・あつし)弁護士にお話を伺いました

依頼者の方のご都合に合わせて、夜間も休日もご相談に対応しています

田中法律事務所

夜、電話がかかってきて、急きょ警察署に向かうことがあります。家族が突然逮捕されて勾留されているので、様子を見に行ってもらえないかと。法律上、家族であっても逮捕中の被疑者とすぐに面会することはできないため、夜遅くでも動いてくれる弁護士がいないかと懸命に探して、私のところへ連絡を取ってくれたのです。

こうした事態にも対応できるように、依頼者の方からのご連絡には24時まで対応できる態勢を取っています。急なトラブルが発生した場合だけではありません。通常のご相談の場合でも、依頼者の方のご都合に合わせて夜や土日祝日をあてて対応させていただいています。


無料相談の場では、ご相談者と同じ目線で状況を把握し、思いに寄り添います

田中法律事務所

初回相談は無料。まずはじっくりとお話を聞かせていただきます。弁護士のもとへご相談に来られる際には、直面しているトラブルをめぐってさまざまな思いが渦巻いているかと思います。中には何カ所かの弁護士事務所へ相談に訪れて、思うような対応が得られずに私のもとを訪れていただいた方も。


法的に難しい立場に置かれていることが明確な場合、いくつかの弁護士事務所に相談に訪れても早々に不本意な結論を出されてしまうこともあるかもしれません。しかし、それではご相談者の方にとって何も状況は好転しません。歯がゆい思いが募るだけでしょう。弁護士として、まずはご相談者の方と同じ目線に立って、どのような経緯を経て現在の状況に陥っているのか、事態の推移を詳しく聞かせていただくことが大切だと考えています。


丁寧に寄り添ってお話を伺わせていただく中で、ご自身の置かれた状況を客観的に把握することができて、その上で解決に向けてどのような道筋を描いていけば良いのかが見えてくることもあります。弁護士はご相談者の方のお話に耳を傾けるのが何よりも大切な仕事。そのために休日や夜間も対応できる態勢を取らせていただいています。ときには、何カ所か弁護士事務所に相談に訪れた方から最終的に私にご依頼をいただけることも。一人ひとりのご相談者の方を大切にしたいという思いが伝わって嬉しく思います。


ご依頼者の方には私の携帯電話の番号をお知らせしています。弁護士は依頼者の方にとってすぐに連絡が取れる相手であるべきだという思いからです。早急に電話での応対ができないときに備えてLINEでのやりとりにも対応しています。


法律上の損得勘定だけでなく、依頼者の“人生の利益”まで考えて

田中法律事務所

ある離婚調停の案件を担当したときのこと。離婚調停は通常、数回程度、半年から長くても1年以内に成立することが多く、なかなかまとまらずに調停が不成立となった場合、裁判の場に舞台を移すことになりますが、このケースでは1年10ヶ月かけて調停が成立しました。


私は夫の方の側から依頼を受けて調停を進めていましたが、離婚条件の内容によっては妻の側が離婚後、お子さんを抱えてかなり苦しい状況に陥る可能性があることが想定できました。どうすればより良い解決へと導けるか。調停が不成立となって裁判になった方が決着は早かったかもしれません。しかし、絶対に良い案を出してまとめますので時間をくださいと、依頼者の方にお伝えしました。時間がかかっても調停をまとめた方が、最終的に依頼者の方にとって良い結果に繋がると考えたのです。


夫側である依頼者の方には、お住まいの面などの当面の条件よりもお子さんとの将来的な関係を考えて離婚条件を考慮していただけるようにお話をさせていただきました。離婚の際に譲れるところは譲って相手への配慮の姿勢を見せることで、お子さんの心に刻まれる父親像は良いイメージになりますと。


時間はかかりましたが、お互いが納得して離婚できる条件をまとめることができ、調停が成立。ご夫婦はそれぞれの道を歩まれることになりました。


現実社会の厳しさを知る身だからこそ、最善の解決方法をご提示できます

田中法律事務所

離婚にあたっては、皆さん、それぞれにご家庭の事情を抱えています。法律的な面での損得勘定だけを追い求めるのが弁護士として最善の手段だとは考えていません。


私は大学を卒業後、自分の進むべき道を見つめ直した結果、弁護士の道を歩むことに決め、司法試験に取り組んだ経緯があります。その間、現実の社会の厳しさをさまざまに目の当たりにしました。人と人の関係は法律論だけで割り切れるものではありません。依頼者の方の人生がトラブルの解決を通じてより良い方向へ進めるように。何よりもそのことを第一に考えて弁護士しての務めを果たしていきたいと思っています。


依頼者の方へのアフターケアとして、半年間無料でお話を交わす時間も

田中法律事務所

性犯罪などの刑事事件の被疑者の方からご依頼を受けることもあります。示談を成立させて不起訴とさせる。依頼された役目は果たしたことになりますが、弁護士としての仕事はそれで終わりだとは思っていません。


時間を作ってお話を伺いますが、料金はいただいていません。私と話をする時間が再犯の芽を摘むことに役立ってくれればと。それは新たに被害者を生み出さないことにも繋がります。何か事件が起こってから依頼を受けるだけでなく、事件を起こした方のその後のアフターケアに務めることも、弁護士としての務めだと思っています。


弁護士というのは、依頼者の方の人生に深く関わる仕事です。案件の大小に関わらず、一人ひとりの依頼者の方の人生を大切に扱っていきたい。そうした思いで日々の業務にあたっています。


田中法律事務所 田中法律事務所

所属弁護士の法律相談回答一覧

裁判所提出書類作成 タイトル? 2019年01月23日

離婚裁判控訴で訴外(証人)が証拠として裁判所に文章を出すときにどのように書いて出せばよいのでしょうか? タイトルは何とつければよいのでしょうか? 教えてください!

大量の写真であっても、印刷して提出してください。その際、1頁に何枚かをまとめて提出する方法が考えられます。写真に、番号を振るのを忘れないようにしてください。

沖田 篤史弁護士

沖田 篤史弁護士

裁判所提出書類作成 タイトル? 2019年01月23日

離婚裁判控訴で訴外(証人)が証拠として裁判所に文章を出すときにどのように書いて出せばよいのでしょうか? タイトルは何とつければよいのでしょうか? 教えてください!

陳述書というタイトルで、文章を作成して、陳述書を証拠として提出することになると思います。

沖田 篤史弁護士

沖田 篤史弁護士

不倫 慰謝料 再請求 2018年12月24日

付き合っていた彼が独身と偽り、知らずに不倫をしていました。その後、彼は家を出て私と一緒に暮らしています。家を出てすぐに妻から慰謝料裁判があり、和解で私が100万支払いしています。それから5年が経ち、彼と私は今も同棲しています。先月、彼と妻は協議離婚しました。その際、慰謝料はなしで財産分与のみの支...

彼が家を出た当時、彼と奥さんとの関係がどのようなものだったかによると思います。彼と奥さんが、当時、婚姻関係の破綻にまで至っていなければ、和解後のあなたと彼との関係も理論上は、不貞行為に該当します。婚姻関係の破綻にまで至っていれば、和解後のあなたと彼との関係は不貞行為には該当しませんので、慰謝料を支払う必要はありません。 ですので、可能性としては、元奥さんか...

沖田 篤史弁護士

沖田 篤史弁護士

回答した質問数

81

ベストアンサー

43 / 81質問

総回答数

118
実名回答 118 匿名回答 0

ありがとう

92 / 118回答

田中法律事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 債権回収
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 税務訴訟
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件

田中法律事務所の所属弁護士

弁護士ドットコム登録弁護士数2

事務所概要

田中法律事務所
沖田 篤史(広島弁護士会)
所在地
〒 730-0012
広島県 広島市中区上八丁堀7-10 HSビル3階
・広島白島線(広島電鉄白島先)「女学院前駅」徒歩3分
・広島電鉄6号線バス(牛田早稲田~八丁堀~江波)「 合同庁舎入口バス停」から徒歩1分
設備
  • 完全個室で相談
受付時間

平日/09:30 - 24:00
土日祝/09:30 - 24:00
定休日/なし

*事務所の営業時間は、9:30〜17:30ですが、弁護士の状況に応じて、営業時間内に折り返しいたします。
【24時間メール予約受付中/時間外対応相談可】

  • 平日可
2人
2人

相続

【土日祝日も深夜24時まで直通電話で連絡可能】【不利な立場に置かれたご依頼者に納得の解決方法をご提案】【初回相談無料】【他士業との連携充実】弁護士・沖田が一人ひとりの依頼者の方が抱えるご事情に深く寄り添ってトラブルの解決にあたります

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり
  • 完全成功報酬あり

<沖田篤史弁護士(田中法律事務所)の5つの特徴>
①弁護士の個人携帯電話で土日祝日も深夜24時までご連絡に対応
②法律的な側面だけで判断することなく、ご依頼者の置かれた状況にさまざまな角度から寄り添って、最適な解決方法を目指します
③税理士、司法書士、公認会計士と密に連携を図っています
④トラブル解決後の親族間の人間関係にまで配慮した解決案をご提示
⑤期限のある手続きの多い相続問題。各種ご相談に迅速に対応します

常に1対1で依頼者の方と直接向き合えるのが個人で活動する弁護士の強み。相続問題に悩まれる依頼者の方の身近な存在として寄り添い、ご相談に迅速に対応できるように、毎日深夜24時までご連絡に対応できる態勢を取っています。

弁護士として法律面からのサポートを行うのはもちろんですが、トラブルが後に尾を引かないように解決を図ることが依頼者の方にとって最善の結果に繋がるもの。親族間のその後の人間関係をはじめとしたさまざまな側面を考慮して、不利な立場に置かれた方であってもご納得のいただける方法を見つけ出し、人生の節目の一つとなる相続問題の解決を図ります。

【インタビュー】
沖田篤史(おきた・あつし)弁護士にお話を伺いました

さまざまな感情が渦巻く相続トラブル。まずはじっくりとお話を聞かせていただきます

田中法律事務所

相続問題は依頼者の方と親族の方とのご事情が複雑に絡み合い、個人的な感情も膨らんでしまいがちな問題です。法律的な判断だけでは納得のいく解決を得ることは難しい場合もあります。


無料相談の場で相続に関するご相談を受ける機会が多くありますが、直面しているトラブルをめぐってさまざまな思いが渦巻いている依頼者の方の中には、何カ所かの弁護士事務所へ相談に訪れて、思うような対応が得られずに私のもとを訪れていただいた方もみえます。


法的に難しい立場に置かれていることが明確な場合、弁護士事務所に相談に訪れても早々にご自身にとって好ましくない結論を出されてしまうこともあるかもしれません。しかし、それでは何も状況は好転しません。歯がゆい思いが募るだけでしょう。弁護士として、まずはご相談者の方と同じ目線に立って、どのような経緯を経て現在の状況が起こっているのか、事態の推移を詳しく聞かせていただくことが大切だと考えています。


依頼者の方とは携帯電話で直接やりとり。夜間や休日も対応します

田中法律事務所

丁寧に寄り添ってお話を伺わせていただく中で、ご自身の置かれた状況を客観的に把握することができ、その上で解決に向けてどのような道筋を描いていけば良いのかが見えてくることもあります。弁護士はご相談者の方のお話にじっくりと耳を傾けるのが何よりも大切な仕事。そのために休日や夜間もご相談に対応できる態勢を取らせていただいています。ときには、何カ所か弁護士事務所に相談にめぐった方から最終的に私にご依頼をいただけることも。一人ひとりのご相談者の方を大切にしたいという思いが伝わって嬉しく思います。


依頼者の方には私の携帯電話の番号をお知らせしています。些細な疑問や不安があった際でも、弁護士に問い合わせることで答えが得られ、安心できます。弁護士は依頼者の方にとってすぐに連絡が取れる相手であるべき。早急に電話での応対ができないときに備えてLINEでのやりとりにも対応しています。


ご親族間のトラブルが後々まで尾を引かない解決方法を目指します

田中法律事務所

先日、ご相談を受けた相続案件では、遺された不動産を共有名義にするかどうかでご兄弟の間で意見の相違が出て、トラブルになっていました。依頼者の方の体調が思わしくないとのことで、依頼者宅まで出張法律相談に赴いて、お話をお伺いしました。共有名義での相続は相続人間の公平感が確保できますが、管理や処分方法について共有者全員の同意が必要となり、後々のトラブルの種になりかねません。依頼者の方から詳しくご事情をお伺いし、現金での相続という方向で話を進めることになりました。


現金で相続する場合、土地の路線価で算出すると価格が高くなり、現金を手にするまでに時間がかかることになります。そこで、固定資産税評価額を基準にした相続案をご提案し、その後も何度か依頼者宅まで足を運んで依頼者の方がご納得できるまでご説明させていただきました。


法律論だけにとらわれず、双方が納得できる結論へと導けるように

田中法律事務所

当面の損得勘定だけを考えれば、路線価で算出した価格での現金相続を主張した方が依頼者の方の相続額は多くなります。しかし、ご親族間に後々残る感情面のしこりを考えたとき、どのような解決方法が依頼者の方にとってより良い選択となるでしょうか。お互いに葬儀にも顔を出さないような関係になってしまうことが望ましい結果と言えるのか。依頼者の方の後々の人生まで考えてより良い結果へと導くのが、弁護士としての自分の務めでもあると考えました。


示談交渉の中で過去の判例などを元に法律論だけを振りかざす弁護士の先生も時折見受けられます。しかし、それでは双方が納得できるような示談は成立しません。遺産相続で親族間にトラブルが発生することは多々あります。依頼者の方の利益を優先しながら、問題が解決した後、おたがいが顔も見たくないような関係が生じることなく、生前の親しかった間柄でいられるような解決策を見出せるようにという思いで、相続問題に取り組んでいます。


各分野の専門家とチームを組んで相続問題に対処します

田中法律事務所

私は大学を卒業後、自分の進むべき道を見つめ直した結果、弁護士の道を歩むことに決め、司法試験に取り組んだ経緯があります。その間、実社会の荒波に身を置く中で、さまざまな現実を目の当たりにしました。人と人の関係は法律論だけで割り切れるものではない、血の通った判断を元にしなければトラブルの元となる壁を乗り越えることはできないという思いは、当時の経験の中で身となり肉となりました。依頼者の方の人生がトラブルの解決を通じてより良い方向へ進めるように。何よりもそのことを第一に考えて弁護士しての務めを果たしていきたいと思っています。


ご相談を受ける機会の多い遺産を巡る相続の問題では、弁護士の専門分野だけでなく、不動産の相続登記や確定申告、相続税対策、財産の価格評価など、さまざまな課題が付随してきます。依頼者の方が相続にあたって必要な手続きをスムーズに進められるように、税理士、司法書士、公認会計士、土地家屋調査士など各分野の専門家とチームを組んで密接な連携を取り、知の集結を図って万全のサポート体制を敷いています。 弁護士が中心となって各分野の専門家を統括し、依頼者の方の総合的な利益に配慮した血の通った解決案をご提示して、粘り強く相手方との交渉を進めながらご納得いただける形での決着へと導かせていただきます。


田中法律事務所 田中法律事務所

相続の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回無料
以後、30分5,500円(税込)
着手金 経済的利益
300万円以下の部分 経済的利益の8.8%
300万円を超え3000万円以下の部分 経済的利益の5.5%
3000万円を超え3億円以下の部分 経済的利益の3.3%
報酬金 経済的利益
300万円以下の部分 経済的利益の17.6%
300万円を超え3000万円以下の部分 経済的利益の11%
3000万円を超え3億円以下の部分 経済的利益の6.6%
備考欄 法テラス利用可

個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

相続の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回無料
以後、30分5,500円(税込)
着手金 経済的利益
300万円以下の部分 経済的利益の8.8%
300万円を超え3000万円以下の部分 経済的利益の5.5%
3000万円を超え3億円以下の部分 経済的利益の3.3%
報酬金 経済的利益
300万円以下の部分 経済的利益の17.6%
300万円を超え3000万円以下の部分 経済的利益の11%
3000万円を超え3億円以下の部分 経済的利益の6.6%
備考欄 法テラス利用可

個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

事務所情報

田中法律事務所
沖田 篤史(広島弁護士会)
所在地
〒 730-0012
広島県 広島市中区上八丁堀7-10 HSビル3階
・広島白島線(広島電鉄白島先)「女学院前駅」徒歩3分
・広島電鉄6号線バス(牛田早稲田~八丁堀~江波)「 合同庁舎入口バス停」から徒歩1分
設備
  • 完全個室で相談
受付時間

平日/09:30 - 24:00
土日祝/09:30 - 24:00
定休日/なし

*事務所の営業時間は、9:30〜17:30ですが、弁護士の状況に応じて、営業時間内に折り返しいたします。
【24時間メール予約受付中/時間外対応相談可】

  • 平日可
2人
2人

田中法律事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 債権回収
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 税務訴訟
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件

電話で問い合わせ
050-5453-9484

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間

平日/09:30 - 24:00
土日祝/09:30 - 24:00
定休日/なし

*事務所の営業時間は、9:30〜17:30ですが、弁護士の状況に応じて、営業時間内に折り返しいたします。
【24時間メール予約受付中/時間外対応相談可】

  • 平日可

田中法律事務所へ問い合わせ

電話番号

050-5453-9484

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ

受付時間

平日/09:30 - 24:00
土日祝/09:30 - 24:00
定休日/なし

*事務所の営業時間は、9:30〜17:30ですが、弁護士の状況に応じて、営業時間内に折り返しいたします。
【24時間メール予約受付中/時間外対応相談可】

  • 平日可

事務所の対応体制

  • 完全個室で相談