弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

稲毛海岸法律事務所

千葉県千葉市美浜区高洲3-20-45 細矢ビル401

稲毛海岸法律事務所の特徴・強み

結果を変える「あきらめない気持ち」。あなたの言葉を丁寧にすくいとります。

■豊富な解決実績
・代表弁護士(加藤)は、取り扱い事件の99%が交通事故案件、被害者側案件300件超の取扱実績。
・高次脳機能障害、遷延性意識障害、可動域障害、脊柱・脊髄障害、その他各種後遺障害の等級を争う案件、事故状況や過失割合を争う案件に注力しています。
・医師や交通事故鑑定人との連携も可能です。

■「依頼者実質負担額0円」を目指した費用システム
・事故の相手方から弁護士費用を回収するなどして、実質的な依頼者負担額0円を目指します。
・事件のご依頼が具体化するまでのサポートは無料です。
・「ちょこっと電話無料相談」は、毎日実施中!(土日祝日も対応)

■千葉県全域に対応する軽快なフットワーク
・出張相談、医師面談への同行、現場確認などに対応いたします。
・千葉県救急医療センターでの出張相談は無料です。
・事故直後の対応、刑事裁判への被害者参加の無料サポート、セカンドオピニオンにも対応します。

弁護士ドットコム事務所訪問記

弁護士ドットコムスタッフが、稲毛海岸法律事務所を訪問しました

JR稲毛海岸駅徒歩3分。海と緑に囲まれた街

JR京葉線「稲毛海岸駅」南口より徒歩3分。イオンマリンピア専門店の向かい側、1階がauショップの「細矢ビル」の4階が当事務所です。
すぐ隣には「高洲公園」があり、その緑あふれる様子を相談室から見渡すことができます。心身ともに傷ついている依頼者の方にとって、気分転換の一助になれば幸いです。

加藤先生(代表)、霜野先生、有馬先生にお話を伺いました

あきらめない気持ちが人を動かす

加藤 「あきらめたくないんです。あの時、信号は青だった。主人に過失はないことをどうしても認めてほしいんです」。その言葉にハッとしたんですよね。
今から5年ほど前に受任した交通事故案件でした。車を運転していたご主人は重度の後遺症を患って、言葉も発せられない状態でした。受任前の示談交渉において、相手方は「自分の方が青信号だった」と言って譲らず、賠償責任を否定している状況でした。
この事故については、第三者の目撃者がいたんです。けれども、目撃者には諸々の事情があって、警察・検察の捜査には絶対に協力しないと言われてしまった。みんな頭を抱えてしまって、検察から「信号の色に関する責任を相手方に負わせることはできないけれども、それなりの処罰で収めましょう」と、ご提案があったんです。
警察や検察だけでなく、私もあきらめていました。より正確には、刑事処分で相手の赤信号無視が考慮されなくても、目撃者の供述調書は確認できているし、民事訴訟で勝てばいいと。今にして思えば、事故の損害賠償の問題に気をとられすぎて、被害者とそのご家族の心情に対する配慮が不足していたのだと思います。
そうした法律家の姿勢を前にしても、奥様だけはあきらめなかった。「どうしてもあきらめられない。あきらめたくない。」その思いに私も突き動かされました。奥様と一緒になって、どのようにして目撃者の協力を得るかを考え、検察と協議を続けました。
そうした活動の中で、奥様から目撃者の方へ協力を依頼するお手紙を書いてもらったんです。もちろん、お名前や住所はわかりませんから、検察を通して渡してもらいました。すると、目撃者として名前があがっていた男性ではなく、目撃者の車に同乗していたご家族の目に留まったんです。そして「こんな状況になっているなんて知らなかった。私にできることなら協力したい」と、申し出てくださったんですね。
結局、刑事処分は公判請求の上、相手方の赤信号看過を認める有罪判決が下されました。そうして民事の損害賠償としても、相手方の過失割合を100として解決することができました。
「あきらめない気持ち」とは、こうも周囲を動かし、結果を変えるのかと教えられましたね。この案件は、その後の私の弁護活動にとても大きな影響を残してくれたものでした。

結果だけではない丁寧なプロセス

加藤 前述のケースでは、こちらの過失割合がゼロとなったこともあり、裁判基準に比して遜色の無い賠償額を得ることができました。
ただ、どれほど一生懸命に弁護活動を行っても、依頼者の望む結果、つまり適切な刑事処分がなされなかったり、希望の賠償額に至らなかったりすることも、もちろんあります。それでも、依頼者の方に「なすべきことをなした」という納得感があるのとないのとでは、その後の人生が大きく変わってくるのではないかと思っています。
問題解決に至るまでには、いくつもの分岐点があります。示談で終わらせるのか、裁判まで争った方がいいのか。スピードを求めるのか、結果の適正さを追求するのか。そうした方針を一つひとつ依頼者の方に選択していただけるよう、成功と失敗の確率、期間、費用など、見通しをきちんと説明することを大切にしています。

親しみやすさは“きっと”千葉県No.1

霜野 私は、加藤先生が千葉大のロースクールで講師をされている時に教えていただきました。親身に相談にのってくださって、気さくで親しみやすいお人柄に惹かれてこの事務所に入所したんです。加藤先生は、見た目においても、スーツは着ないし、夏は半袖・短パン・ビーサンですからね(笑)。柔らかい雰囲気でご相談できるので、依頼者の方もいろいろとお話してくださって、何を望んでいるのか、何に不安や不満を抱えているのかが正確に理解できるんです。
加藤先生は交通事故に特化されていますが、私は多種多様なお悩みを解決したいと思っています。現在は、これからニーズが増えてくると考えられる相続問題やインターネット問題に注力しています。さまざまな方々のお悩みを伺っていると、ご自身が何に悩んでいるのか、何を言いたいのかをうまく整理できていない方も少なくありません。そういう時は、とにかく思っていることを素直に話してもらうしかありません。そこから、問題点や、依頼者の本当の思いをすくいとっていくんです。だからこそ、私もいつも話しやすい雰囲気づくりを心がけています。

依頼者のニーズにこたえるということ

有馬 私は、労働問題、離婚問題、借金問題に注力しています。最初は、女性弁護士=離婚弁護士みたいなイメージを持たれることが嫌だったので、離婚問題を重点的に扱うつもりはありませんでした。でも、依頼者の方々のお話を伺っていると、モラハラ、DV、虐待など、「本当にそんなことがあるの!?」と思うことが多くあります。自分の生きてきた世界だけでは想像もしなかったことが世の中にあふれていると、頭ではわかっていたつもりでも、背筋が寒くなりました。こんなにも大変な問題に巻き込まれてしまった方々が自分を必要としているのなら、やらなくてはならない。そう感じるようになりました。
経験だけで人の気持ちや事実を決めつけたり、否定してはいけない。そう強く自戒しています。これからも誠実に依頼者の方の気持ちに寄り添い、想像力を働かせて、解決策を考えてまいります。

当事務所の扉はいつでも開いています

加藤 交通事故問題においては、依頼した法律事務所に希望する方針を断られてしまったり、交渉がうまく進まなかったりして、法律事務所を転々とする依頼者の方もいらっしゃいます。当事務所は、セカンドオピニオンも歓迎していますので、「このまま進めてしまっていいのだろうか」と、少しでも不安なことがありましたら、いつでもご連絡ください。もちろん、そのまま依頼してくださっても、依頼しなくても構いません。
とにかく一度、思いをすべてお話ししてみませんか。電話相談も、面談相談も、無料です。
思わぬところから解決の糸口となる「何か」が見つかるかもしれません。

所属弁護士の法律相談回答一覧

交通事故 2014年06月03日

今被害者で、休業保証を相手の保険会社から、もらってますが、社会保険の疾病手当てはもらえますか?

傷病手当金のことでしょうか。 相手保険会社から休業損害が100%支払われている(事故前の給与水準と同レベルで全額支払われている)のであれば,支払われている期間中は受領できません。これに対し,一部しか受領していない場合は差額分が支給される可能性はあります。 また,相手保険が休業損害の支払を打ち切った後は,傷病手当金の請求が認められることがありえます...

加藤 雅己弁護士

加藤 雅己弁護士

店舗内での転倒後の示談について 2014年06月03日

店舗内の段差にて転倒後膝骨折しリハビリ中で誠意ある対応の店長さんでしたが、40日以上連絡がない為こちらから連絡をしました。 ①床材の破損は確認しており過失を認めていますので、過失を争うつもりはなく、怪我の完治を待たないとどこまで補償するなどの提示ができないため、完治を待っているため連絡しなかっ...

大変なお怪我をされたようですね。お見舞い申し上げます。 ①について,相手会社が方針を翻して争ってくる可能性はあると思います。店長の回答が,会社内のどこまで話が通った上でのことなのかによりますね。  床材の破損があっても,その破損が客側にも認識可能で,回避も可能とみられる場合は,一部過失相殺による減額がなされる可能性もあると思います。 ②について...

加藤 雅己弁護士

加藤 雅己弁護士

交通事故・後遺障害の認定について 2014年06月03日

昨年8月、横断歩道を青信号で歩いていると、左折してきた車につっこま れ、あごの骨折、縫合、肋骨を骨折しました。 今の状況は、通院が全て終わり症状固定、保険会社と示談の相談に入っています。 あごに1.5センチと2.5センチの縫い傷が線状に残ってしまいました。 傷は隣接されており、つながってい...

大変なお怪我をされたようですね。お見舞い申し上げます。 1 2つの傷が繋がっていないとしても,隣接しているのであれば,一体としてみて12級認定がなされる可能性があります。 2 後遺障害診断書は自賠責保険が後遺障害等級認定をなすにあたり必要です。後遺障害の認定を求める場合は,単に長さを測ったり,形状を記載するだけでも,医師に作成を依頼してください。...

加藤 雅己弁護士

加藤 雅己弁護士

回答した質問数

26

ベストアンサー

5 / 26質問

総回答数

37
実名回答 37 匿名回答 0

ありがとう

23 / 37回答

稲毛海岸法律事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • インターネット

所属弁護士

弁護士ドットコム登録弁護士数3

事務所概要

稲毛海岸法律事務所
加藤 雅己(千葉県弁護士会)
所在地
〒 261-0004
千葉県千葉市美浜区高洲3-20-45 細矢ビル401
JR京葉線「稲毛海岸駅」
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
3人
2人
https://trafficaccident-support.com/

事務所情報

稲毛海岸法律事務所
加藤 雅己(千葉県弁護士会)
所在地
〒 261-0004
千葉県千葉市美浜区高洲3-20-45 細矢ビル401
JR京葉線「稲毛海岸駅」
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
3人
2人
https://trafficaccident-support.com/

稲毛海岸法律事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • インターネット

電話で問い合わせ
050-5285-8437

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

稲毛海岸法律事務所へ問い合わせ
電話番号

050-5285-8437

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ

事務所の対応体制

  • 駐車場近く
  • 完全個室で相談
稲毛海岸法律事務所