弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士法人Bridge Rootsブリッジルーツ名古屋

愛知県名古屋市中区丸の内2-2-5丸の内ヒビノオフィスラインズ3階A号室

弁護士法人Bridge Rootsブリッジルーツ名古屋の特徴・強み

【法律相談無料】メール/電話/来所/出張相談全てOK。弁護士&各分野専属のパラリーガルがあなたをサポート!地域密着型のアットホームな事務所が、あなたを「まるごと」支えます。

お困りの方をサポートする法律事務所だからこそ、「お客様=依頼者」あってのサービス業ということを意識。当事務所には、法的な解決だけを優先するのではなく、「依頼者の話をしっかり聞き、受け止める」弁護士がいます。また、依頼分野によっては常に弁護士と共に行動する「各分野専属のパラリーガル(法務スタッフ)」がいるため、依頼者の方のニーズや不安を最大限受け止めることができます。

事務所に依頼者が来訪したときは全員で「いらっしゃいませ」という歓迎の気持ちを持ってお迎えし、事件が解決したときには全員で「よかった」と安堵する。そんな、依頼者に寄り添う事務所です。お困りのときはどうぞご連絡ください。事務所全体であなたを支えます!

【弁護士法人Bridge Rootsブリッジルーツ名古屋の強み・特徴】
◆いただいたご相談は最大限お受けします
◆弁護士×各分野専門のスタッフが分野によって常に「ペア」であなたを支えます
◆名古屋市内はもちろん、県内/岐阜/三重まで出張費無料
◆真摯に、そして全力で。案件を「こなす」のではなくベストを尽くします

弁護士ドットコム事務所訪問記

事務所のみなさまにお話をお聞きしました。
・代表:松川 知弘(まつかわ ともひろ)弁護士
・明永 雄太(あけなが ゆうた)弁護士
・牧野 太郎(まきの たろう)弁護士
・スタッフ:小澤 潤子(こざわ じゅんこ)さん

どんな事務所ですか?

親しみやすい、アットホームな事務所です

ー松川弁護士:
新しく入所したスタッフに対して、まず初めに教えることがあります。それは、私たちの仕事が「お客様=依頼者」あってのサービス業だということです。スタッフは、常に優しく依頼者に寄り添ってサポートするよう教えています。一方で、弁護士はときに厳しさも必要なのですが、決して偉ぶることはなく、依頼者の方とコミュニケーションをとるようにしています。

ー小澤さん:
代表の松川の方針のもと、親しみやすい雰囲気の事務所を目指しています。プライベートでもみんな仲がよく、事務所旅行に行ったり、スポーツ大会をしたりと、本当に和気あいあいとした職場です。仕事でも仲の良さを活かし、事務所のなかで上手に役割分担をしながら、全員で依頼者をサポートしています。

全員で依頼者の方の「解決」を心から喜ぶ事務所です。お悩みやお困りのこと、何でも聞かせてください。明るい声と笑顔でお出迎えします。


(松川弁護士)

代表の松川弁護士は、「常にベストを尽くす頼れる弁護士」

ー牧野弁護士:
松川を一言で表すと、「頼れる弁護士」です。ときに方針について相談することもあるのですが、ともに考えてアドバイスをくれます。頼れる、懐の深い弁護士です。

ー明永弁護士:
弁護士歴を重ねても、法的に難しい案件(事件)は必ずあるものなのですが、松川は絶対に手を抜くことなくベストを尽くします。事件を「処理する」という言い方は、適切ではありませんね。松川の教えで、事件を「処理」するのではなく、ベストを尽くして、依頼者にとって最高・最善の解決につなげるのが使命だと思うようになりました。私も、例え難しいケースであっても全力でぶつかり、必要であればパラリーガルと現場に出向き、あらゆる調査をして、一つひとつの事件に対して常にベストを尽くしています。


事務所の強みは何ですか?

各分野専属のパラリーガルと二人三脚

ー松川弁護士:
お会いするときは、各分野専属のパラリーガルと二人でご対応することも多いです。ご相談いただいてから解決まで、ずっと一緒にサポートします。出張相談のときも同様です。特にご高齢の方からのご相談や、交通事故のご相談の場合は、事務所にいらっしゃることが難しい場合も少なくありません。そういう場合はこちらから病院や自宅まで出向いています。出張費用をいただくことを考えたこともなかったですね……(笑)。

ー小澤さん:
私の仕事は「調整役」だと思っています。弁護士は、法的な側面を中心に、全体像を見ながら依頼者にアドバイスをします。ただ、それだけだと依頼者も「もうちょっとここを聞いて欲しいな」ということが出てくると思うんです。「病院の先生にどうやって症状を伝えたらいいのかわからない」「保険会社や健康保険から書類が届いたけど、これは何?」という法律面以外のお悩みを、実際にお電話で受けることもありますし、そういうところは私もサポートして依頼者を支えたいと思っています。弁護士に伝えづらいことやちょっとした疑問があれば、何でも話していただきたいです。

精神的なケアは私が中心に担当して、できるだけ話を聞いて、法的なポイントが出てきたら弁護士に伝えます。依頼者の意図をくみこんだかたちで、弁護士に全体像を描いてもらいます。一方で、弁護士が法的な側面から考えた「依頼者のため」の最善の解決策が、依頼者の要望とちょっとだけ方向性が違っていたときには、方向性を近づけられるように依頼者を導いたりしています。スタッフ、弁護士、全員で依頼者を支えていきたいと思っています。


依頼者と接するときに、大事にしていることは何ですか?

「依頼者のため」を第一に考えて全力を尽くします

ー松川弁護士:
依頼者のために負けたくないから勝ちたい。だけど法外な要求をしたり、変な勝ち方をしたりして後味の悪い思いはさせたくない。様々な観点から依頼者にとって最善の解決策を全力で考え、提案していきたいと思っています。

ただ、「依頼者のため」を考えるときに、依頼者の要望を「全て」お聞きできない場合もあります。加害者に厳罰を与えたいと思うのは当然ですが、例えば「土下座して謝って欲しい」など、法的な要求としては難しい内容もあるからです。私たちは、交渉にしても裁判にしても、社会常識的なラインからはみ出した要求はしません。勝つべき範囲で勝つことも、依頼者のためを思えば重要なことだと考えているからです。

もちろんお話は受け止めますし、依頼者に共感することは前提条件ですが、あくまで代理人としての目線で、ご本人のように感情が高ぶった目線にならないように意識しています。感情に感情で応戦することが、ひいては依頼者のためにならない場合もありますので、少し語弊があるかもしれませんが、依頼者と弁護士が「一瞬だけ方向性が違う」ことも「あり」だと思っています。そのちょっとした違いを修正していくことも、私たちの仕事なのです。


(左:牧野弁護士/右:明永弁護士)

本質を見抜き、今すべきことやゴールまでの道筋を明確に示します

ー明永弁護士:
今の段階で「何を悩んでいるのか」をしっかり聞くことです。そのうえで、最終的に依頼者が求めているゴール(どうしたいのか)まで、どのような手順を踏んでやっていくか、ある程度の道筋(フロー)を最初の段階で示します
例えば、交通事故でいうと、究極的なゴールは「保険金の支払い」ですよね。そのゴールまでどういった手順を踏むのか、そのために今何をすべきなのか、弁護士が今何をすべきなのか、をきちんと明確にします。わからないから「不安」なのであって、わかる状態にしてあげたらきっと安心できるはずです。

でもそれって本質を見抜いたうえで話す必要があって、実際は本当に難しいことなんです。。依頼者にとってのベストなゴールは何か、を法的な側面や依頼者の言葉から想像して、検討したうえで話さなければなりませんから。ただ、我々は法律家として、それができる立場にいるんです。だからこそ、困ったときは頼ってほしいなと思います。


精神的不安を取り除くことも大切にしています

ー牧野弁護士:
私が一番重視しているのは、依頼者の精神的不安を取り除くことですね。結果も当然大事ですが、トラブルを抱えている方は、精神的ストレスを本当に強く感じています。ですから、常に「今、体調は大丈夫なのか」と気にかけて、実際にヒアリングしながら解決までともに歩んでいます。
また、説明するときは「依頼者にとって」わかりやすく伝えることを意識しています。どうしても法律用語が並んでしまい、難しくなりがちですから。できるだけシンプルな言葉で説明することを心がけています。


今、悩んでいるあなたへ

感情的になっていいんです。まずはお話を聞かせてください

ー明永弁護士:
法的な観点からアドバイスをするのはもちろんですが、まずは依頼者の感情を受けとめることが重要だと思っています。相談に来る方が感情的になってしまうのは当然です。困ったことになっているわけですから。そのような状態なのに「冷静に話してください」なんて難しい話ですよね。私は、お話を聞く時間を大事にしているので、普通弁護士と電話で話すといえば10分くらいだと思いますが、30分くらい通話していることもよくあります。

これは初回相談に限ったことではなく、正式にご依頼いただいたあとも同じです。話したいことは全部話していただきたいですし、弁護士としてその感情を受け止めたうえで「依頼者にとって最高の結果」を提案したいと思っています。


ざっくばらんにお話ししましょう

ー松川弁護士:
私が初めて依頼者にお会いするときは、「まず笑ってもらう」ようにしています。もちろん、依頼者はみな傷ついて悩まれていらっしゃるわけですけれども、リラックスしたムードでざっくばらんに思っていることを話していただきたいんです。こちらが固い表情だと依頼者も固い表情のままですから、本格的にお話を進める前に、まず笑ってもらう。やっぱり、そこから雰囲気がよくなって、こちらとしてもお話を聞きやすいですから。

法律相談はメール、電話、出張、来所(事務所にお越しいただく)と全ての方法で無料ですので、お気軽にご相談いただければと思います。当事務所は、正式にご依頼いただくまで基本的に費用は一切かかりません。まずはお気軽にご連絡ください。

弁護士法人Bridge Rootsブリッジルーツ名古屋の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 労働
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務

所属弁護士

弁護士ドットコム登録弁護士数5

事務所概要

弁護士法人Bridge Rootsブリッジルーツ名古屋
松川 知弘(愛知県弁護士会)
所在地
〒 460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-2-5丸の内ヒビノオフィスラインズ3階A号室
・地下鉄鶴舞線「丸の内駅」1番出口から徒歩約2分
・地下鉄桜通線「丸の内駅」4番出口から徒歩約8分
・地下鉄名城線「市役所駅」4番出口から徒歩約13分
設備
  • 完全個室で相談
受付時間

・予約受付時間(メール):24時間
・予約受付時間(電話):平日9-18時
・相談:事前にご予約をいただければ、平日夜間、土日祝も対応いたします。

  • 平日可
  • 土日可
  • 祝祭日可
  • 24時間対応
5人
10人
http://br-nagoya.com/

交通事故

【弁護士×交通事故専属パラリーガル】が常にペアであなたをサポート。来所できない場合には病院や自宅まで伺います!メール/電話/来所/出張相談全てOK。相談【無料】&隣県も出張費0円!
  • 初回相談無料
  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

お困りの方をサポートする法律事務所だからこそ、「お客様=依頼者」あってのサービス業ということを意識。当事務所には、法的な解決だけを優先するのではなく、「依頼者の話をしっかり聞き、受け止める」弁護士がいます。また、常に弁護士と共に行動する「交通事故専属のパラリーガル(法務スタッフ)」がいるため、依頼者の方のニーズや不安を最大限受け止めることができます。

事務所に依頼者が来訪したときは全員で「いらっしゃいませ」という歓迎の気持ちを持ってお迎えし、事件が解決したときには全員で「よかった」と安堵する。そんな、依頼者に寄り添う事務所です。お困りのときはどうぞご連絡ください。事務所全体であなたを支えます!

【弁護士法人Bridge Rootsブリッジルーツ名古屋の強み・特徴】
◆ご相談は最大限お受けします。物損/むちうち/後遺障害/死亡事故全て◎
◆あなたの賠償額が適正かどうか「5分でわかるレベル」で無料診断します
◆弁護士×交通事故専門のパラリーガルが常に「ペア」であなたを支えます
◆出張費用無料で病院や自宅まで、隣県であっても伺います
◆真摯に、そして全力で。案件を「こなす」のではなくベストを尽くします

弁護士ドットコム事務所インタビュー

事務所のみなさまにお話をお聞きしました。
・代表:松川 知弘(まつかわ ともひろ)弁護士
・明永 雄太(あけなが ゆうた)弁護士
・牧野 太郎(まきの たろう)弁護士
・スタッフ:小澤 潤子(こざわ じゅんこ)さん

交通事故に遭ったとき、どの程度の症状なら弁護士に相談すべきですか?

症状の程度に関わらず、交通事故は弁護士に相談すべきだと思います

ー松川弁護士:
交通事故の場合、基本的には「相手方が加入している保険会社」と話し合うことになります。保険会社としては、被害に遭った人の症状や状況によって機械的に賠償額を決めているだけなんですよ。保険会社はできるだけお金を払いたくないでしょうから、こちらが「低いな」と感じる金額を提示してくることも、不自然なことではありません。ただ、そこで依頼者に代わって弁護士が交渉するだけで、症状の程度に関係なく、金銭面での補償が手厚くなることがほとんどです。こちらは法的に正しいことを言っていますので。

ー牧野弁護士:
症状の程度に関わらず、一人で悩まないことが重要だと思います。一人ではわからないことだらけだと思いますし、悩みを抱え込んでしまっても解決することは難しいです。解決のお手伝いがしたいので、一人で悩まず、まずは相談に来ていただきたいです。


弁護士を「使う」メリットは二つ

ー松川弁護士:
依頼者にとって弁護士を使うメリットは二つあると思います。一つは、金銭面で本当に受け取るべき(社会的に妥当な)補償をしっかり受け取れること。もう一つは、保険会社とのやりとりを弁護士に一任できるので、ストレスが減ることです。

保険会社の対応がひどくて、怒りを抱えて電話をしてこられる方ってかなりいるんですよね。交通事故に巻き込まれてしまって、怪我をして……って。それだけでストレスですよね。それなのに、相手方の保険会社とのやりとりで更にストレスを感じるなんて、本当につらいと思います。金銭面もそうですが、ストレスなく事故後の生活を過ごせるということ自体がかなり大きなメリットです。弁護士を使って、ご自身は治療に専念していただきたいです。


相手方に提示された示談金の額が妥当なのかわかりません……

「妥当かどうか」5分で無料診断します

ー松川弁護士:
相手方が保険に加入していた場合は、話し合いが進むと、保険会社から「和解金額が記載された書類」が届くと思います。それを見せてもらえたら、少し見ただけで「おかしいな」と感じることは結構多いです。法的な知識がなければ、なかなか妥当な金額も基準もわからないと思いますが、通常の基準と違うことがほとんどです。5分くらいのぱっと見でわかる範囲での判断だと、「◯◯万円は上がります」と具体的な数字で示すことは難しくても、金額が妥当かどうかは十分に判断可能です。

つい最近も「金額が妥当かどうか」というご相談がありました。保険会社に提示された和解金額は200万円くらいでしたが、弁護士としての判断で「上がります」という話をしました。10月にご依頼いただき、12月には依頼者への送金まで終了しました。結果的に和解金額が500万円くらいまで上がり、単純計算で300万円くらいの増額で終了しました。


正式なご依頼まで、費用は一切かかりません

ー松川弁護士:
事故直後から弁護士がやれることもあるので、とにかく、まずは弁護士に相談していただきたいと思います。相手方の保険会社から「和解金額が記載された書類」が届いている場合は、とりあえず診断書などは不要なので、それさえ見せていただければ、その金額が妥当かどうかの診断を無料で行えます。法律相談はメール、電話、出張、来所(事務所にお越しいただく)、どの方法でも無料ですので、お気軽にご相談いただければと思います。当事務所は、正式にご依頼いただくまで費用は基本的に一切かかりません。

事務所の強みは何ですか?

(左:松川弁護士/右:牧野弁護士)

交通事故専属のパラリーガルと常に二人三脚

ー松川弁護士:
交通事故のご相談の場合は、事務所にいらっしゃることが難しい場合も少なくありません。法律相談も含めてですが、そういう場合はこちらから病院や自宅まで出向いています。出張費用をいただくことを考えたことがなかったですね……(笑)。出張相談のときも、基本的には交通事故専属のパラリーガルである小澤が一緒です。来所、出張問わずお会いするときは、解決まで基本的に二人でご対応します。

ー小澤さん:
私の仕事は「調整役」だと思っています。弁護士は、法的な側面を中心に、全体像を見ながら依頼者にアドバイスをします。ただ、それだけだと依頼者も「もうちょっとここを聞いて欲しいな」ということが出てくると思うんです。「病院の先生にどうやって症状を伝えたらいいのかわからない」「保険会社や健康保険から書類が届いたけど、これは何?」という法律面以外のお悩みを、実際にお電話で受けることもありますし、そういうところは私もサポートして依頼者を支えたいと思っています。弁護士に伝えづらいことやちょっとした疑問があれば、何でも話していただきたいです。

精神的なケアは私が中心に担当して、できるだけ話を聞いて、法的なポイントが出てきたら弁護士に伝えます。依頼者の意図をくみこんだかたちで、弁護士に全体像を描いてもらいます。一方で、弁護士が法的な側面から考えた「依頼者のため」の最善の解決策が、依頼者の要望とちょっとだけ方向性が違っていたときには、方向性を近づけられるように依頼者を導いたりしています。


スタッフ全員が「依頼者のため」を第一に考え、協力します

ー松川弁護士:
新しく入所したスタッフに対して、まず初めに教えることがあります。それは、私たちの仕事が「お客様=依頼者」あってのサービス業だということです。スタッフは、常に優しく依頼者に寄り添ってサポートするよう教えています。一方で、弁護士はときに厳しさも必要なのですが、決して偉ぶることはなく、依頼者の方とコミュニケーションをとるようにしています。

ただ、「依頼者のため」を考えるときに、依頼者の要望を「全て」お聞きできない場合もあります。加害者に厳罰を与えたいと思うのは当然ですが、例えば「土下座して謝って欲しい」など、法的な要求としては難しい内容もあるからです。私たちは、交渉にしても裁判にしても、社会常識的なラインからはみ出した要求はしません。勝つべき範囲で勝つことも、依頼者のためを思えば重要なことだと考えているからです。

もちろんお話は受け止めますし、依頼者に共感することは前提条件ですが、あくまで代理人としての目線で、ご本人のように感情が高ぶった目線にならないように意識しています。感情に感情で応戦することが、ひいては依頼者のためにならない場合もありますので、少し語弊があるかもしれませんが、依頼者と弁護士が「一瞬だけ方向性が違う」ことも「あり」だと思っています。そのちょっとした違いを修正していくことも、私たちの仕事なのです。

依頼者のために負けたくないから勝ちたい。だけど法外な要求をしたり、変な勝ち方をしたりして後味の悪い思いはさせたくない。様々な観点から依頼者にとって最善の解決策を全力で考え、提案していきたいと思っています。


事務所の特徴は何ですか?

「解決してよかった」と事務所全体で安堵。スタッフ全員があなたの味方です

ー小澤さん:
代表の松川の方針のもと、親しみやすい雰囲気の事務所を目指しています。スタッフや弁護士の仲がよく、専門的な内容とはいえ「サービス業」を意識して働いています。スタッフが常に優しく寄り添う存在であるならば、弁護士は依頼者のお話を受け止めつつも「法的な」最善策を考える存在。事務所のなかで上手に役割分担をしながら、全員で依頼者をサポートします

また、弁護士同士で解決方針を相談することもあるため、「何となく全員が依頼者の方の状況をわかっている」状況が生まれています。全てが終わって解決したときには、事務所全体で「解決してよかった」と喜びをわかち合っています。


「事務所に行く」「弁護士と話す」ことへの心理的ハードルを低くしたい

ー小澤さん:
代表の松川の方針で、スタッフは全員、依頼者に対して必ず「優しく接すること」を心がけて行動しています。第一印象も大事だと思うので、電話を受けたり出迎えをしたりするときは、明るい声と笑顔で接するよう心がけています。

ー松川弁護士:
私が初めて依頼者にお会いするときは、「まず笑ってもらう」ようにしています。もちろん、依頼者はみな傷ついて悩まれていらっしゃるわけですけれども、リラックスしたムードでざっくばらんに思っていることを話していただきたいんです。こちらが固い表情だと依頼者も固い表情のままですから、本格的にお話を進める前に、まず笑ってもらう。やっぱり、そこから雰囲気がよくなって、こちらとしてもお話を聞きやすいですから。


今、悩んでいるあなたへ

抱えている不安や悩み、私たちなら解消できます

ー明永弁護士:
交通事故でお悩みの方の場合、弁護士に相談すれば、今悩まれていることのほとんどは解決できると思います。医者ではないので痛みを取り去ることはできませんが、それ以外の「今後どうしたらいいのか、どう進んでいくのか」「今やるべきことは何なのか」という漠然とした不安や悩みは解消できます。

「依頼者が本当に望んでいること」「どのように解決したいか」も含めて全てお聞きして、最善の解決へ導きます。お一人で悩まずに相談していただきたいです。


依頼者のため、「常に」ベストを尽くすことをお約束します

ー松川弁護士:
案件(事件)を「処理する」という言い方は、あまり好きではありません。処理するのではなく、ベストを尽くして、依頼者にとって最高・最善の解決につなげるのが使命だと思っています。たとえ難しいケースでも全力でぶつかって、必要であれば小澤と二人で病院や現場に何度でも出向き、あらゆる調査をして、一つひとつの事件に対して常にベストを尽くすことをお約束します。

今まで、事故直後の方、保険会社から納得できない示談金を提示された方、通院費を打ち切られた方、後遺障害の申請をされた方……、色々な段階で様々な症状の方がご相談にいらっしゃいました。症状としてはむちうちの方も多いですが、物損事故から死亡事故まで、内容は本当に様々です。どのようなケースでも弁護士に依頼するメリットはありますので、どうぞ「お気軽に」ご連絡ください

交通事故の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 相談は「完全に無料」です。
※基本的には正式に仕事をご依頼いただかない限り、費用は発生いたしません。
その他費用(着手金、報酬など) 案件ごとにご相談に応じます。
※正式に仕事をご依頼いただく際には、わかりやすく費用をお伝えします。まずはお気軽にお問合せ、ご相談ください。
お支払いスケジュールについて さまざまなご事情を抱えていらっしゃるご依頼者様ごとに、負担の少ない支払いスケジュールをご案内しております。
※ご相談をいただく中で、詳細をご提案をさせていただきます。
リーズナブルな料金設定 法律サービスの料金は「高額」というイメージをお持ちかもしれませんが、支払う費用に対して得られるメリットが多額であることも事実です。
※依頼者様にとってメリットのない提案、サービス提供は行いません。

交通事故の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 相談は「完全に無料」です。
※基本的には正式に仕事をご依頼いただかない限り、費用は発生いたしません。
その他費用(着手金、報酬など) 案件ごとにご相談に応じます。
※正式に仕事をご依頼いただく際には、わかりやすく費用をお伝えします。まずはお気軽にお問合せ、ご相談ください。
お支払いスケジュールについて さまざまなご事情を抱えていらっしゃるご依頼者様ごとに、負担の少ない支払いスケジュールをご案内しております。
※ご相談をいただく中で、詳細をご提案をさせていただきます。
リーズナブルな料金設定 法律サービスの料金は「高額」というイメージをお持ちかもしれませんが、支払う費用に対して得られるメリットが多額であることも事実です。
※依頼者様にとってメリットのない提案、サービス提供は行いません。

事務所情報

弁護士法人Bridge Rootsブリッジルーツ名古屋
松川 知弘(愛知県弁護士会)
所在地
〒 460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-2-5丸の内ヒビノオフィスラインズ3階A号室
・地下鉄鶴舞線「丸の内駅」1番出口から徒歩約2分
・地下鉄桜通線「丸の内駅」4番出口から徒歩約8分
・地下鉄名城線「市役所駅」4番出口から徒歩約13分
設備
  • 完全個室で相談
受付時間

・予約受付時間(メール):24時間
・予約受付時間(電話):平日9-18時
・相談:事前にご予約をいただければ、平日夜間、土日祝も対応いたします。

  • 平日可
  • 土日可
  • 祝祭日可
  • 24時間対応
5人
10人
http://br-nagoya.com/

弁護士法人Bridge Rootsブリッジルーツ名古屋の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 労働
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5223-2333

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間

・予約受付時間(メール):24時間
・予約受付時間(電話):平日9-18時
・相談:事前にご予約をいただければ、平日夜間、土日祝も対応いたします。

  • 平日可
  • 土日可
  • 祝祭日可
  • 24時間対応
弁護士法人Bridge Rootsブリッジルーツ名古屋へ問い合わせ
電話番号

050-5223-2333

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ

受付時間

・予約受付時間(メール):24時間
・予約受付時間(電話):平日9-18時
・相談:事前にご予約をいただければ、平日夜間、土日祝も対応いたします。

  • 平日可
  • 土日可
  • 祝祭日可
  • 24時間対応

事務所の対応体制

  • 完全個室で相談
弁護士法人Bridge Rootsブリッジルーツ名古屋